FC2ブログ

曇天文庫-吉川英治「宮本武蔵 + 随筆 宮本武蔵」

kindle を買ってから、うれしい気分が続いています。
電子書籍って、ほんとうに無料本が多いです。

古典といわれる本の多くはすでに著作権がきれているから無料で読めるのです。
古い訳の「グリム童話」とか、わざわざお金を出してまで購入することはないのだけれど、無料でダウンロードできるなら読んでみましょう。。。。という本がたくさんあります。
読んでみると、なかなか残酷で面白いです。
文字にあるままに、小さい子どもに読み聞かせてやったら、きっと夜泣きすると思います。
恐いよぉぉぉ。。

北原白秋訳「まざぁぐーす」とかもね。






盟友が青空文庫の存在をおしえてくれたときは、びっくり!!した。
すごい!!電子図書館だ!!
そして、すべてはインターネット上のボランティア活動と知ってなおさらビックリ!!!
すごい!!
素晴らしい活動だと思います。
ありがとうございます。

青空文庫をもとにして、無料や安価の電子書籍がたくさんあるのだ。
やっとわかった。
重ねて、ありがとうございます。


amazon で宮本武蔵(吉川英治)をダウンロードしようと思ったら、各章ごとに本になっていて、

”いったい、何回ダウンロードしなくちゃならないの?????”

と、気持ちがへこみました。

そしたら、、曇天文庫があることを知りました。
青空文庫を電子書籍化して無料で公開して下っているのだ。
びっくり!!
ありがとうございます。

各章ごとではなくて、吉川英治「宮本武蔵 + 随筆 宮本武蔵」  で、1冊にしてくださっています。
ありがとうございます。

ダウンロードできました。
まずは、PCにダウンロードしてからPCとkindle をつないで kindle のドキュメントに入れるとOKです。
全作業で5分間かかりませんでした。

楽天kobo
Amazon Kindle
SONY Reader

に対応しています。

本当に、世の中には素晴らしい活動されている方々がたくさんおられます。
気が付かないで、お世話になっていることがたくさんあるのだと思います。
ありがとうございます。


しまった!!
曇天文庫には、与謝野晶子訳「源氏物語」 もありました。
早く気が付いていれば、ここでダウンロードしたのにぃぃぃ。。(*´Д`)
amazon で99円だけどね。
ボランティアで電子化してくださった人がいるなんて、感激したから、ここでダウンロードすればよかったぁぁぁ。。と思ったわけです。

左の鼻の中に「熱の花」ができていて、痛いです。
体力が落ちると、プチッと出てきます。
読書も体力を消耗するのかなぁ?
障害児や療育についての本しか読まなかった、読めなかった時期をようやく脱出しようとしています。
時間がかかりすぎたけど。

そしたら熱の花ができてしまって、いやですね。
年齢を感じますわ。


でも、私が歳をとっていく代わりに、息子たちの生活が整っていけば、本望ですわ。
私たちは充分にラッキーです。
だから「熱の花」くらいあってもいいのです。
いくつでも引き受けますよ。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR