FC2ブログ

昨日のスッタモンダ 「障害児の親として(10946)」

昨日、オペラの会場に行く前にスッタモンダがありました。

会場のメイシアターは、大阪府、北摂地方にあります。
次男にインターネットで検索てもらったところ、阪急電車、千里線の吹田という駅が最寄の駅です。
私はそれをメモに書きました。

”北千里行きの電車にのるんだな。”

そこで、私は勘違いしたようです。

次男といっしょに出かけました。
地下鉄から阪急電車に乗り換えて、吹田という駅につきました。
椅子に座っていた次男はサッと立ち上がりました。
私は次男に声をかけました。

次男くん、北千里まで行くからね。

次男は私の顔を見て、

吹田。メイシアターに行こう。

と言いました。

そうだよ。メイシアターにいこうね。

私は、自分の思い込みにとらわれて、次男の様子がヘンなことに気がつかなかったのでした。
次男は椅子に座ったままの私の前をウロウロ。
窓の外を見て、

メイシアター

と言っていました。
駅に着くたびに駅の看板で駅名を確かめていました。
私は今日の次男は落ち着かないなぁ。。。おかしいなぁ。。と思っていました。
終点の北千里駅について駅員さんにメイシターへの道を尋ねました。
そこでやっと自分の間違いに気がつきました。
切符を買いなおしました。
6駅を戻らないといけません。

また、電車に乗りなおして椅子に座りました。
次男に

ごめんね、次男くん。
次男くんは吹田駅で降りないといけないことがわかっていたんだね。

というと、次男は、私の顔を見返して

うん!!

と言いました。

アハハ~~~
すいません、次男くん。
ボケボケ街道まっしぐらの母でございます。
次男くん、本当に独立を急ぎましょう。
母はもうすぐ君の役に立てなくなります。

昨日は、そんなこんなでやっと会場に辿り着いてオペラを鑑賞したわけです。
私が次男ならば、癇癪を起こしていたと思います。
次男くん、お母さんは、君の忍耐力に助けられています。
お母さんが元気なうちに君を独立させないと、お母さんは君を手放せなくなりそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:昨日のスッタモンダ(11/19)

さすが次男君!
ちゃんと分かっていたんですね。
うんうん、お母さんが手放せなくなるって実感として分かります。

次男君、わかってたんですね。

分かってたから、次男君そわそわしてたんですね。いつか、必ず、次男君が独立できるよう、僕も祈ってます。

Re[1]:昨日のスッタモンダ(11/19)

ねりらくさん
母はボケボケです。老化の一途です。あ~~ヤダヤダ。本当に手放さないといけません。手放せるようにしなければなりません。

Re:次男君、わかってたんですね。(11/19)

turbo19760426さん
歳を感じましたわ。緊張感がなくなってきました。次男に救われました。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR