FC2ブログ

次男も、常にだれかをイラつかせているに、違いない

「全盲なら乗るなよ」「相当イラつくのは確か」
川越線での全盲女子負傷 加害者への同調がツイッターで続出


JR川越線・川越駅で全盲の生徒が乗客から暴力を受けてけがをした事件をめぐり、ツイッター上でにわかに加害者側の肩を持つ発言が台頭している。書きこみは表面的には被害者をいたわるような一文を書いた上で、生徒側を非難したり、加害者の気持ちを擁護するものが目立つ




次男も、常にだれかをイラつかせているに、違いない。
逃げ場のない電車の車両のなかで、ブツブツわけのわからん独り言をしゃべっている障害者が隣に立つだけで、気分を悪くする人は少なからずあると思う。
申し訳ないです。


そう思っているのだけれど、わかっているのだけれど、電車を利用させている。
幸いなことに、次男は超混雑する線に乗るのだけれど、都心から離れていく方向なので、混まない。
障害児、障害者が移動するときは、電車、バスの混み具合、方向、時間帯、通学路、通学時間に保護者、支援者が配慮しなければなりません。

どうしても、負担をかけてしまうことがあるので、どうしても、どうしても、どうしようもないことがあるので、どうにか工夫できることは、工夫を重ねていこうと思っています。



次男が、自分で、

「ごめんなさい。
ひとりごとを言ってないと、落ち着かないの。
ますます落ち着かなくなるから、言わせてください。」

と、言うことができればよいのだけれど。

「通勤も通学も、うれしいのですが、緊張もします。
ぴょこぴょこ跳んでしまうのは、そのせいです。
ごめんなさい。
止められないです。」

と、言葉に出して謝ることができたらよいのだけれど。


次男にそれを言う能力があれば、知的障碍者でも自閉症でもないです。

全盲だから、障害者だから健常者への配慮や気遣いはしないってことかね



うーーーーん…。スッキリで全盲の女子高生が蹴られたニュースやってるけど、この子もこけた相手に一声掛けるとかすればよかったのではと感じなくもないんだよなあ。蹴ったやつの事は最低で許せないってのは勿論の事としてね。



良い悪いでなく障害者はラッシュ時は避けた方が世の中回るだろなって思うし




めくらはめくららしく家の座敷牢ででも大人しくしてればいいのに



次男はきっと、全盲の生徒よりもたくさんのご迷惑、ご負担をかけていると思います。
それを承知で、それでも座敷牢には入れられません。
きっと、きっとお役にたつ人になりますので、どうか交通機関を利用することを許してください。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR