FC2ブログ

ちらし寿司

昨日の会社からの帰路は、華やいだ浴衣を着たお姉さんたちがいっぱいでした。

天神祭ですからね。(^^)

自分が浴衣を着るのは面倒だし。浴衣って、意外なほど暑いし、まぁ、私が着ても美しくないから絶対に着ないけれど、
きれいなお姉さんたちが浴衣を着てウチワや扇子をパタパタしている様子は、夏の風物詩ですよね。

みなさん楽しんで、無事におうちに帰ってね。。。。と思いました。


もう。。。。。やめてほしい。。。。。と思ったのは、

浴衣をググ---------ッ !! と、ググ----------ッ!! と後ろに引っ張って、 着ているお姉さん。
背中が大きく見えるほど後ろに引っ張って着ていました。


ちょっと個性的すぎ。"(-""-)"
セクシーに見えるようにかっこよく着こなしているつもりだろうけど、ちっともセクシーでない。
汚らしいの。

その手の専門職のお姉さんみたいに見えちゃうよ。
浴衣着て、道端に○ンコ座りするのは、残念過ぎでした。"(-""-)"

すいませんね、固いことを言って。
私、娘をもたなくてよかったわ。
私の娘だったら説教垂れてしまいます。





今朝はちらし寿司を作りました。
お祭り・・・・・・・・ちらし寿司  のイメージがあります。


錦糸卵をタップリ作りました。

相変わらず上手にできないけどね。
片栗粉か小麦粉を溶いて卵液に混ぜてから卵焼きにすると薄く焼いても取扱い易い。。。。。と教えていただいてからは、以前よりも少しだけ上手になりましたよ。
自分内比較ではね。

よそ様と比較になりませんけどね。

焼ウナギを寿司の上に散らしたいけれど、もう何年のウナギにお目にかかっていません。
国産のウナギは高価すぎてまったく手がでませんし、中国産のウナギは気持ち悪くて手がでません。

以前は、中国産のウナギを少しのお酒の煮て皮を柔らかくして、「おいしいなぁ。。これで十分だわ。。」と思って食べていましたが、中国産の食品の安全性が問題になってからは、自分で気が付く限りは中国産の食品は買わないようにしています。


ああ、ウナギとはこのまま再会できないかもね。悲しいなぁ。。。
でも、仕方がないわ。
とんでもないものを口に入れたくないわ。
「食べても死なない。」から良いってものじゃない。


今回の鶏肉工業の作業員は、「知らないで、こんなものを食べてやがんの。。。。。」て言いながら作業してたんだろうなぁ。。
いやだなぁ。。気分が悪くなる。



ウナギの代わりに、キザミアナゴ(国産)を買ってきたよ。
チリメンジャコとゴマを寿司ごはんに混ぜたよ。
細く切った大葉の香りが良いです。

たくさん食べてくれるかな。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR