FC2ブログ

仲間つくり教室-カラオケ

午後からは、「仲間つくり教室」に参加させていただきました。
ありがとうございました。


曲番号のプリントが配られました。
勝手知ったる次男は、サッと自分のペンケースを取り出して、リクエスト用紙に自分の名前、曲名、曲番号を書き込みました。

2014-7-20-2-1

次男が安心して歌える歌は少ないです。
いつもの「勇気100%」をリクエストしました。
たぶん20年間くらい歌っています。
次男が歌える曲があって良かったです。
「忍たま乱太郎」という番組があって、放送してくれて、ほんとうにありがたいです。
2014-7-20-2-2

ひとり1曲、1番だけ歌うことができます。
今日は、2クラス合同ですから、40人くらいの人が順番に歌っていきます。

歌っている様子は可愛らしいです。
10代、20代、30代、40代、50代。。。。
実年齢は高くなっていきますが、子どものままの部分が色濃くあります。
親は”可愛い” ”いじらしい” と感じ、他者は、”オカシイ” ”ヘン” ”奇妙” と感じる部分です。


どんなに恵まれていてありがたいことだと思っていても、穏やかな気質の青年によく育ってくれたと思っていても、胸の奥がキューッと痛くなります。
ふだんは忘れたことにしている想いが、ビックリ箱から飛び出してくるピエロ人形のように勢いよく飛び出してきます。

ずっと可愛いままの人を遺して、親は先に死んでしまいます。
身勝手なことです。
”人にもPL法を適用させろよ。”と言う人達がいるのを知っています。

”この人が障害をもったのは、神仏の采配。”と言いきってみても、
どんなに探しても、妊娠中の事故や不注意を見つけられなくても、

”どうして、障害を負わせてしまったのか、何がいけなかったのか、どうして我が子に過酷な運命を与えてしまったのか。”

という想いから母親が解放されることはありません。



みんなが気持ち良く自分の歌を歌い終わりました。
そのあとの3曲は、みんなが歌って躍ることができる曲を選んで大盛り上がりになりました。

2014-7-20-2-3

受講生はみんなニコニコ、大喜びの様子でした。
付き添ってきた保護者やヘルパーさん達も、こんなにニコニコ顔を見ることができてうれしいです。

もしも、気持ちが弱っている時に、このニコニコ顔を見てしまうと、泣けてくるかもしれません。
喜びと悲しみは紙一重です。


ひとりで受講場所に来ることができる受講生でも、親はできるだけこのニコニコ顔を見るためにやってくるべきだと思います。
たいていの親は、すでに人生の半分を通り過ぎています。
あと何年親子でいられるのでしょう。
体が思うように動かなくなるまであと何年でしょう。

託して、遺して行かねばならない子の胸の中に、どれだけの”自信”と”プライド”を積み上げてやれるのか。
だれでもたくさんの人達に助けてもらって生活しているわけですが、とんでもなくたくさんの人達に助けてもらわなければならない子です。
気持ちよく助けていただける人になるには、どうしたら良いのでしょう。。。それがいつも心にあります。

たくさんの時間は残されていないのです。
だから時間を大切にしたいです。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR