FC2ブログ

手を抜いても、支配しても

毎日のように、「雨が降って、雨が降り止んだと思うと暑くて。。。」という短いサイクルの繰り返しです。
ちょっと蒸し暑いです。

人間は少しつらいですが、公園の木々は青々しています。


2014-6-11-1-1

2014-6-11-1-2

ラベンダーは風にそよいで良い香りがします。



親は、手を抜きすぎても、支配し過ぎても 「毒親」 と言うのだそうです。
それはとても納得できる説明です。

親に振り回された人は、自分もまた子を振り回す親になる可能性が大きいのだそうです。
それも、また、納得できる説明です。

「毒親」という言葉を知ったのは最近ですが、ずっと以前から、結婚する前から、「連鎖のようなものを、私のところで断ち切ってやる!!」と決めていたのでした.




だから、娘ではなく息子が生れてほしいと願いました。
願った通りに、息子を授かりました。
その子が可愛くてハンサムで(これくらいに親バカなのは、ごく正常です。)、


「ダメだ。こんなに可愛いと思って、気持ちのいっぱい、いっぱいで手をかけ過ぎては、息子を触り過ぎてしまうわ。もう一人息子がいなくっちゃね。」

と、願ったら、また、ちゃんと息子が生まれました。

私はなんてラッキーなのだろう。。。ひょっとして巫女かなにかのDNAをもってないだろうか。。。と思いました。



次男に障害があるとわかったけど。。。
息子達のパパは、いろいろな意味で力量が不足だと気がついたけれど。。。


それでも、息子達って、上出来じゃん!! と思った。
(このあたりから、正常な範囲の親バカではなくなったのかもしれない。)

何十年か、そう思ってきて、


はたして、自分は大丈夫か。。。。。
毒親になっていないかと

自己検証してみると、
これが怪しい。

とても怪しいのです。






以前に住んでいたマンションのベランダに、数種類のラベンダーを鉢植えで栽培していました。
基本的は丈夫なので、ほとんどホッチッチにしていましたが、それでも繁茂していました。
けっこう長い距離のあるベランダを歩くと、風で揺れたラベンダーが手や足や衣服に触れてよい香りがしました。
気に入っていたのに、引っ越しの時に置いてきてしまいました。
たぶん、すぐに枯れてしまったのでしょう。
かわいそうなことしました。

この不思議な形の植物は、多肉植物です。
サボテンではないのですって。

2014-6-11-1-4

2014-6-11-1-3




そう言われても。。。なにがサボテン?なにが多肉植物??わからん。

過酷な環境で生き残るために、水分を蒸発させ過ぎないように、葉っぱをトゲ状に進化させたそうです。

自分を守るために、形を変えて生き残ったのです。

う~~~ん。
考え込んでしまいます。

私も形をかえて、やりすごすことができたらいいのに。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR