FC2ブログ

頭の中が「花咲じいさん」

実家の父が、80歳になりました。

ありがたいことに、超! 。。が付くくらいに健康です。


健診をうけてもどこも悪いところがありません。
血圧、尿、すべてOK!
持病なし。
入歯なし。

早寝、早起き、食事は絶対に食べすぎません。

お尻、アップしています。
腹、出ていません。
ゴルフ、ラウンドしています。
身だしなみを、おろそかにしません。
父の不精ひげを見たことが有りません。
毎月、理髪店で調髪と白髪染めをします。

自動車運転免許の更新も余裕をもってOK!です。
更新手続きの係の警官に、「お父さん、まだまだ大丈夫ですね。」と言われたぁ。。。と、自慢しています。


そりゃぁ。。カントリークラブにいくのに車が必要でしょうけれど。。。
自動車運転免許を返上してほしいです。
検査でひっかかってほしいです。
ひっかけてほしいです。。。。((+_+))




われわれ兄弟の合言葉は、

「おやじ、元気すぎるやろ。」


です。

このあとは、


「おやじ、わるいとこ、ないんかい?」


「あるよ。
ワルイところは、ヨクボケとイロボケや。」




と続きます。




親が健康でいてくれることは、なによりの子孝行です。
ありがたいです。


それをブツクサ言うなんて、なんと不遜なことでしょう。
バチアタリなことです。
反省します。


反省したうえで、笑い話をひとつ。





母の言葉によると。。。

最近、父の保険を見直しました。
古い時代から掛けているので、時代遅れになってしまった保険です。


死亡保険が1000万、入院特約が入院21日から5000円/日 つくらしいです。
入院特約をはずすことにしたそうです。
郵便局の職員が実家にやってきて本人確認のうえ、書類に自署押印することになりました。
”めんどくさいなぁ。。。”と思っていた父でしたが、

やってきた職員が若い人で、父の好みだったそうです。
とたんに、父の態度がウキウキに変わったそうです。


髪に櫛を入れなおして、シュッ!とコロンをつけて。。。。


職員の手を取らんばかりに。。。しゃべる、しゃべる、えんえんとしゃべる。。。
自分の若いころの話。
好景気がつづいた時代の夜の街でブイブイ言わせていたころ話。。。


はては、職員に、

「アンタ、どこに住んでるの?」

「結婚してるの?」

「彼氏、いるの?」



父の頭の中に花が咲いたときのパターンです。


特別に驚きはしませんが、頭痛がします。



「オヤジ、まだまだ元気やで。」


「俺らのほうが、先とちゃうかぁ????」


まったく、同感です。((+_+))
お母さん、お父さんより先にいかないでね。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR