FC2ブログ

仲間つくり教室-26年度 開講式

待ちに、待った「仲間つくり教室」の開講式です。

公益財団法人大阪特別支援教育振興会


大げさに言うのではなくて、次男にとってはとても大事なことなのです。
毎月1回の講座を楽しみにしています。

知的障害者は、学齢期を終えると、学習の機会がパタリッ!となくなります。
知的障害者であっても、学ぶことは喜びなのです。
生涯にわたって、学ぶ姿勢を持ち続けてほしいです。

どうか、これからも、次男達に学びの場所を与えてやってください。

2014-4-27-1-3


開講式の案内のハガキが次男宅に届いたのですが、次男が気がつかなかったようです。

それっぽく似せて、私が「開講式の案内」のハガキを作りました。



よし、よし、ハガキも用意したし、上靴も、ひざかけも用意したし、これで完璧だわ。。。と思って会場の椅子に座ったら、



えらいこっちゃ!!


年間授業料の7000円をお支払いしなければならないのに、私の財布には2000円しか入っていませんでした。


お母さん、大失敗!!


次男に、私のスマホ渡して、「ちょっと、ぷよぷよゲームで遊んでいてね。。」と言い置いて、コンビニにダッシュ!!
ATMでお金を出金して、会場にダッシュ!!

もう、焦ったわ。(>_<)

幸い、先生方が、「はい、順番に、授業料の7000円とハガキを持って、受け受けに来てください。」とアナウンスされる前に会場に戻ることができました。

次男に、ハガキと7000円を持たせて、「はい、行っておいで。」

間に合って、よかった。(>_<)

私は、いつもこんな調子です。
ひとつ気がついたら、ひとつ抜け落ちているのです。

開講式の最後に、今期、指導してくださる先生方のご挨拶がありました。
20名以上、おられました。
ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

次男が先生方のお顔を憶える手掛かりになるように、先生方のお顔の写真を撮りました。
他には出さないので、お許しください。

ブログに載せる時は、ボカシますから。

2014-4-27-1-2


2014-4-27-1-4

帰宅すると、次男は、自分のクラスの受講日をマーカーで色付けして自分の掲示板に貼りました。
今期は、昨期までの会場とは違う場所に通います。
私達は、遠くになります。
えらくにぎやかな場所になります。

親子ともども迷子にならないようにしましょ。
はぐれてしまったら、ちょっと大変になる場所です。
気をつけましょう。

でも、新しい場所は興味津津、ドキドキ探検ですわ。
楽しみです。(*^_^*)
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR