FC2ブログ

金魚と塩水浴

ラジオ体操の後、金魚の様子が変なことに気がつきました。


2014-4-26-1-1


あ!?

もうだめだ。。。。。


と思いました。


次男に「金魚ちゃん、今日、死んでしまうと思う。」と伝えました。
次男くん、じ~~~っと力なく浮いている金魚を見つめていました。
次男が夜店で金魚すくいをして連れて帰ってきたのでした。
もう1匹も2年くらい生きてくれました。

9月5日になれば、4年目に入るのでした。
こんなに生きてくれると思っていなかったのでした。
生きものだから、いつかは死ぬのだけれど。。。やっぱり、つらい。



ひょっとして。。。。と思い立って「塩水浴」をしてみました。


「金魚の種類等にもよりますが0.3~0.8パーセント濃度の塩水浴。
普通は0.5パーセントでOK。

水1リットルに5グラムで0.5パーセントです。
塩は徐々にとかす。。
定期的にしてもOK。





2014-4-26-1-2

2014-4-26-1-3



復活したようです。

どうしてなのか、わからないけれど、塩水浴が効いたようです。

ヒヤヒヤだけど。

また元気になってほしいです。





スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

これ、なんででしょうね。

金魚がこのような状態の時に、塩水の中に入れると、復活するのは私の小学生の頃に母親がやっていたので
昔から知られた技?なのでしょうかね。
何回か横に浮いた状態のときに、塩水に入れていてそれで生き延びた?くらいに長生きした家の金魚。
出来るだけ、長生きしてほしいですよね。

Re: これ、なんででしょうね。

もう、本当にビックリでした。

弱った姿を見て、ビックリ。
元気になった姿を見て、ビックリ。



なんで???金魚って、淡水魚でしょう????

どうしてなんでしょうか???


でも、ま、人間も熱中症対策に塩の錠剤や塩味の飴を用意しているくらいだから、塩は生きものに必要な要素なんでしょうね。

もう、ビックリ、ビックリ でした。

黒デメちゃんは、時々、ものを言っているような表情をするので、情が湧いてきました。
元気でいてほしいです。


8リットルのペットボトルで飼えないほど大きくなってほしいです。
そしたら、お堀に放してやろうかな。。。と思っています。
でも、お堀には、おばけのような巨大鯉がウヨウヨいるので、相当な根性がないと、生きていけないと思うのです。
だからゆっくり大きくなってほしいです。



それに、まだ、黒い色素が残っていますが、全身が赤に変身するまで見てみたいです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR