FC2ブログ

仲間つくり教室-カラオケ

午前中は参議院選挙の投票に行きました。

午後からは、大阪養護教育振興会 の「仲間つくり教室」を受講しました。
今回のプログラムは、「お楽しみ会-カラオケ」です。

各受講者が、マイクを持って歌えるのは1曲の1番だけだけど、みんな、すごく楽しそうです。

ステージで、大勢の前で歌うことは、特別なのだと思います。
歌を歌うだけなら、ひとりで歌っていても良いのだけど、それだけではない何かがあるのだと思います。

こう言う機会、場面を持てることは、とてもラッキーです。
ありがとうございます。



まず、曲名と曲ナンバーがプリントされた紙をいただいて、自分が歌いたい歌を探して、申し込み用紙に書きます。
次男は、ワクワクしながら、数少ない次男が歌える歌を探すのだと思います。

2013-7-21-2-1


2013-7-21-2-2


「勇気100%」が次男の定番です。




次男くん、元気イッパイに歌っていました。
心躍る機会を与えていただいて、ありがとうございました。

2013-7-21-2-3


休憩タイムは飲み物、オヤツ をいただきました。
ありがとうございました。

2013-7-21-2-4





2013-7-21-2-6


次男は、聴覚過敏なので、次男にとって聞きたくない音は、手で耳をふさいで聞こえる量を制限しています。
歌っている人にはとても失礼です。
ごめんなさいです。

でもね。
次男が耳をふさぐのは、必ずしも下手な歌に耳を塞いでいるわけではないのです。
「これは、かなり問題ある。」という歌を平気で聞いていたりします。

次男は何を基準にしているのでしょうか。
周波数??
自閉症は、時々ですが、神がかり的な時がありますからね。
ひょっとしたら、ひょっとしているかもしれませんよ。

2013-7-21-2-5

2013-7-21-2-7


最後は、ステージに出たい人はみんな出て良いのです。
「世界にひとつだけの花」「マルマルモリモリ」で大盛り上がりです。

「世界にひとつだけの花」て、泣けてきませんか。
私は、何度聞いてもダメです。
心に迫って泣けてきます。


みんな、オンリーワンですよね。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR