FC2ブログ

なんともならないからこそ

次男くん、今日は、何をしたかな。

次男は、木曜日は、仕事の後、ヘルパーさんに付き添ってもらって障害者スポーツセンターに行くことが多い。
散髪に行ったり、買い物に行くこともある。

障害者スポーツセンターに行くと、ジムで体操してトランポリンをする日と、プールで泳ぐ日があるらしい。
実家に帰ってきて、「木曜日はどこに行ったの?」と訊いてやると、「ジム!」とか「ポール!!」と答えてくれる。


「電車で行ったの?」と訊くと、「バス!!」とニコニコして答えてくれる。


以前は市民スポーツセンターに通っていたようだけれど、今は、障害者スポーツセンターに通っている。
市民スポーツセンターよりも、障害者スポーツセンターの方が居心地が良いのだろうと察しがつく。

次男が通うことができる距離に、障害者スポーツセンターがあって、本当にラッキーだと思っている。
本当にありがたい。

地の利は本当に大事だと思う。
地の利があるか、無いかで、生活のしかたが大きく違ってくると思う。




次男がまだ幼児のころは、「障害者スポーツセンター」という名称ではなくて、「身体障害者スポーツセンター」という名称であったと思う。

なぜ、それを記憶しているのか。






次男を連れてプールを利用させていただこうと出かけた。
まず、利用者カードをつくる手順は当時も今も同じだろうと思う。

当時、次男は3歳になっていたと思う。
次男の療育手帳を提示して、手続きを終えると、少し年配の男性職員が保護者の私に言った。


「この施設は、身体障害者のためのスポーツ施設です。それをお含みおきください。」


私は、彼の言葉を理解するために、少し時間が必要だった。


身体障害者のためにつくられた施設を、知的障害者が使わせてもらうことは、いけないことだと言っているのか。


言葉に出してみた。


「知的障害者は、この施設を利用することを遠慮せよ。。。と言っておられるのでしょうか。

もうひとつ別に「知的障害者スポーツセンター」を建設して、知的障害者はそちらを利用すべきと言っておられるのでしょうか。」


男性職員は、「・・・・」言葉に窮した。
そのまま、席を立って私の前から消えた。


次男をプールで遊ばせながら、男性職員の言葉を反芻した。

この施設は、身体障害者の保護者の納めた税金だけで建設されたのだろうか。
知的障害のある子の親は、税金を納めていないと思っているだろうか。。。。




いや、たぶん。

身体障害者には、


「俺達、私達は、身体が不自由なだけで、バカでもキチガイでもない。いっしょにしてくれるな。」という気概(?)があるのだろう。
身体障害者にかかわる職員にも、同じ考えがあるのだろうと理解した。



20年以上も前のことだ。

20年という時間が経つ間に、「障害者自立支援法」がつくられた。

成立まえに、骨子に障害種別(身体障害、知的障害、精神障害)にかかわらず障害者の自立支援を目的とした共通の福祉サービスは共通の制度により提供。とあったので、身体障害者が「障害にかかわらず。。」の一文を不愉快に思って、頑強に反対するだろうと思っていたが、成立した。



20年以上が経ったけれど、たぶん、今も人の心の中は同じだと思う。


昨年2012年、6月20日、障害者自立支援法から「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(通称・障害者総合支援法)と名称が変更となった。
これにより、法律の理念・目的が変更となった。
本法律の施行は、2013年(平成25年)4月1日から。





確かに、「障害者」とひとくくりにしてよいと思わない。
それぞれに能力の差異があることはなんともならない。

税金を納める能力にも差がある。

なんともならないからこそ、親は子の能力、特徴を冷静に観察して、受け入れて、どんな段取を整えてやるべきか。。。と思案して眠れないわけだ。

親が老いても、死んでも、子の人生はまだ続いているのだから。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR