FC2ブログ

お出かけメモ-三室戸寺-あじさい-睡蓮-女優の中野良子さん

「アジサイ寺」と呼ばれている三室戸寺に出かけました。
去年も同じ頃に行きました。

今年の方がアジサイが元気に見えました。
雨がちょうど良い具合に降ったからですね。

2013-6-29-2-1

2013-6-29-2-2

2013-6-29-2-3

2013-6-29-2-4

2013-6-29-2-5

2013-6-29-2-8

2013-6-29-2-7

三室戸寺の最寄の駅に降りると、次男は、私の前をドンドン歩いて行きました。
景色を覚えているのでしょう。
時々振り返って、足の短い母が追いつくのを待っていました。



アジサイの美しさも、睡蓮の美しさも、若者の目には少し物足りないかもしれません。
それでも、次男はじっと家に居るのは退屈だし、刺激がほしいし。
でも一歩外へ出ると、それなりに緊張するし。
電車に乗って次男がイスに座ると、隣の席に座っていた女性が脱兎のごとく席を立って別の席に移動されるし。


その様子を見て、「あら、一瞬でわかりましたか。敏感ですね。」と思いました。



今朝、写真を撮った多肉植物の立田錦のように、イレギュラーは「神の保険」ですから、悪いことではないです。
でも、本人にとっては生きにくいものだったり、関わりのない他者にとっては不気味な理解不可能なものなのです。
幼児ならまだしも、成人男性ですからね。

そりゃあ、恐い事件がたくさんあってニュースになっていますからね。
警戒されても仕方がないですね。


警戒されても、出かけますよ。
数をこなせば、いろいろなことがありますよ。
それでも、出かけますよ。

本人も母もしぶとくあらねばなりません。
これからも、できるだけ、どこにも、だれにも迷惑にならないように気をつけながら、出かけますよ。

------------------------------------

帰路の宇治線の電車に乗り込むと、女優の中野良子さんが二人連れで乗っておられました。
化粧気がなくて、ラフな山歩き、野歩きのスタイルでした。

すごくお顔が小さくて、特徴ある声で、少し早口で、お隣に座っているお連れさんとずっと話しておられました。
まちがいなく中野良子さんだと思いましたが、プライベートなので、「女優の中野良子さんですよね。」と声をかけて確かめる気になりませんでした。


念のため、帰宅してインターネットで調べると、最近のインタビュー、講演の写真がありました。
お化粧している、していないの違いはあっても、まさしく、今日、電車でお見かけしたのは、中野良子さんでした。
美しい人はずっと美しいのだと思いました。

お顔が小さい。(>_<)
すごく小さい。

小顔マッサージをすれば。。。とかの段階ではなくて、ものすごくお顔が小さい。
うらやましい。

やっぱりスターになる人は、違います。
人から見えないところでたっくさんの努力を積み重ねておられるのだと思いますけれど。
思いますけれど。

資質が違います。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR