FC2ブログ

お出かけメモ-京都市美術館

とても良いお天気でした。
京都 岡崎公園の木陰でシートを広げてお弁当を食べました。
オヤツも食べて、温かい紅茶を飲んで、シートの上で一休み。

2013-4-29-2-4

公園の鳩は、落ち着きがあり過ぎ。
次男のすぐそばまで近づいてきます。
ひどいめにあったことがないのかな。
それは、それでいいことですが、鳥インフルはまだ日本に上陸していませんが、野生の鳥さんなので、用心しておきたいです。
だからあんまり近くに来ないでね。。。。。って、言ってんのにぃ。。。(~_~;)
あんた、聞いてないわね。


風が心地よくて本当に気持ち良い時間でした。
さて、ゴミはすべて持ってきた袋に集めてまたリュックの中にいれて、いよいよ本題です。

2013-4-29-2-5

2013-4-29-2-6


ゴッホ展 空白のパリを追う

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

「ゴッホ展 空白のパリを追う」は、本当に人でイッパイ!!((+_+))
ゴッホ展はいつでもそうですね。


私達は、初めから、真近で作品を見ることは諦めています。
幸い次男は長身なので、作品が掛けてある壁の反対の壁際から作品を眺めます。
次男は、たくさんの人達と一緒に並んで少しずつ、少しずつ進みながら時間をかけて作品を鑑賞するのは苦手です。
私も苦手です。
圧迫感あり過ぎです。
反対の壁側から、誰かと誰かの後ろ姿の間から作品を眺めました。

それでも満足、満足。

次男くん、誰のジャマにもならなくて、本人も楽しむことができます。
次男は明るい色調の絵に惹かれます。
絵が描かれた時代背景とかは理解できないので、理屈は抜きです。


今回の《ゴッホ展》では、ゴッホ美術館(アムステルダム)の改修工事のための約6ヶ月間の閉館に伴い、多数の日本未公開作品の展示が実現しました。 全52作品のうち36作品が日本初公開となり、また、ゴッホが描いた自画像のうち、8点が日本に揃うというのも初めてのことです。 一見、『自画像10点の公開では?』と思った方も多くいらっしゃるかもしれません。 しかし、1点は弟テオの肖像画で、もう1点はジョン・ピーター・ラッセルが描いたゴッホの肖像画です。これも今回の見どころの一つではないでしょうか。 ラッセルが描いた精巧なゴッホの肖像から、本当の『ゴッホの顔』を知ることができます。



※絵画の著作権について・・・絵画の場合、作者の死後50年(国によっては60年)経ったものについては、問題ないとの事なので

ジョン・ピーター・ラッセルが描いたゴッホの肖像画

2013-4-29-2-1

ああ、これが実際のゴッホなんですね。






「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」は、ちょうど良いくらいの入場者数でした。
鑑賞しやすい混み具合、スキ具合でした。

侯爵家のコレクションらしく、大きいサイズの作品がたくさんありました。
神話の女神たちは、プクプク、ツヤツヤ、ピンク色の肌艶でした。
金銀をふんだんに使った工芸品の数々。
侯爵家当主、関わりのある人達の肖像画の豪華さ。
マリアテレジアの肖像画もありました。

明るい美しい絵、工芸品ばかりなので、次男は時間をかけて眺めていました。

「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」の広告に使われて、あちこちで見かけるルーベンスの娘「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」は、小さい作品ですが、子どもらしいイキイキとした好奇心輝く目をしています。
パステルですって。
子どもが飽きないうちに、じっとしていてくれるうちに描いたのでしょうね。

7歳とか8歳とか。5歳ですって。
どんなに利発な少女であったことでしょう。。。と想像します。
でも残念なことに、12歳で亡くなったらしい。
今よりもずっと、成人するまで成長することが難しい時代だったのでしょう。
両親の慟哭が聞こえるようです。
どんなに嘆いたことでしょうか。
胸が詰まります。

クララ・セレーナ / Clara Serenaがわずか12歳で亡くなり、その母イザベラ・ブラント / Isabella Brantも娘の後を追う様にその三年後に亡くなったらしい。


2013-4-29-2-3



子が生きていて、健康で居てくれるありがたさを感じます。
責任がとても重いですが、それでもやっぱりありがたいです。

モデルが夭折したことを知ってしまうと、「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」は、親である人とそうではない人では感じるものが全く違うと思います。




池田理代子描き下ろし。「リヒテンシュタイン物語」

第二次世界大戦中、ナチスからコレクションを守った侯爵と美術館長の、手に汗握る物語。会期中、展覧会会場の特設ショップにて販売します。



ええ!?
そんなのを販売してたの!?
気がつきませんでした。
これは、残念なことをしたかも。
きっと、レアものってやつですよ。
私、ベルばら世代なんですよ。涙、涙 (T_T)


2013-4-29-2-2




スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR