FC2ブログ

シブチン

携帯電話の代金明細書が届いた。
ハガキ状になっていて、矢印のところからペラリと開くのだ。
明細書と言っても支払い日と金額が載っているだけ。
これを、「明細書」と称してはいかんだろ。



それとは別に、封筒に入って届く明細書があるのだけれど、それがここ2カ月分が届いていないように思う。
見つからないのだ。
これだけで、(-_-)腑に落ちない。

なんでなのよ。
どこ行ったのよ。
見た覚えがない。



今日、郵便受けに入っていたハガキ状の明細書を見てビックリ!!
6500円ほどもある。

なんでよ!?



すでに、端末機代金分割支払いは終了しているので、毎月の利用料は、2500円前後しかないことが2年以上続いていた。
たいていはメールで済ませて、通話も要件だけに絞っているのでこの料金なのだ。


29万円の生活保護費を受給している2児の母親が携帯電話料金に26000円も支払っているという記事があったけれど、私にはそんな高収入はないので、携帯電話料金に26000円も支払う余裕は無い。
ずっと長い間、あったことが無い。


あったなら、長男に奨学金を借りさせないですんだかも。
長男は、就学金の返済に苦しんでいる。
それでも返済を滞らせたことはない。

真面目に頑張る者はバカか?




2500円前後と思っているものが、6500円前後という数字になっただけで、こんなに慌てている。
価値観の相違としか言いようがないが、お金をかけるべきことが他にたくさんあった。
今もあるので、こんなに慌てている。






なんでよ!?(@_@;)6500円!?


ああ。。。次男の療育手帳の更新のための検査で、妥当な結果にならなくて、憤慨して気持ちがおさまらなくて、気持ちの整理ができなくて、次男を知っていてくださる人に、電話をかけて、長文メールをして気持ちを聞いてもらったことがあった。
それで、私は救われた。

あれらの通話やメールは必要だったから無駄金ではない。


ともかく、近日中に携帯電話会社の店頭に行って問いただしてみよう。
封筒に入って届くはずの明細書をプリントアウトしてもらおう。


母はシブチン(ケチ)に徹して息子達の将来を見届けようと思う。

酒を飲まず。
タバコを吸わず。
調髪は1000円カットで済まし。
決して子どもの人生を囲い込まない覚悟で、なんとかして息子達の背中を押してやりたい。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

おそらく・・なんですが、その封筒に入ってくる明細書、105~210円ほどの有料と思います。

私はソフトバンクですが、4年くらい前まで無料だったのが、有料になった時点で明細が来なくなりました。
そのかわりwebにログインして使用料金を確かめます。

もし携帯会社が違うと事情も違ってきますが、一度確かめられたほうが良いと思います。

Re: こんばんは

こんばんはです。(*^_^*)

そうなんですか。
ペーパーレスになったかもですね。
それにしても店頭に行って、お姉さんにwebにアクセスする方法を教えてもらいましょ。(^-^)

あれ?次男の携帯電話の明細は届いているのですよ。
ともかく訊いてみなくちゃね。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR