FC2ブログ

やはり控訴したのか。

やはり控訴したのか。





政府は27日、成年後見人が付いた人は選挙権を失う公職選挙法の規定を「違憲」とした東京地裁判決について、東京高裁に控訴した。公明党が控訴断念を求めるなど慎重論もあったが、選挙事務の混乱回避を優先した。一方、政府・与党は違憲とされた公選法規定の見直しを進める方針だ。(時事通信)





原告の父で後見人(81)が、怒りをあらわにしておられるとか。

きっと、原告の周囲には、彼女の選挙権を悪用しようとする輩はいないのだ。
次男の周囲にもいない。
ありがたいことだ。


みんなが良い環境で生活しているわけではない。


いつだったか、多数の知的障害者が、マイクロバスで投票所に連れてこられて、施設の理事長の親類である立候補者に投票するようにインプットされていたことがわかって、ニュースになっていた。



私は、民主党が大勝した選挙で、視力の衰えたお婆さんが投票に行きたいというので、ボランティアで同行したら、受付の女性にイヤに厳しく対応された。
お婆さんは、受け付けを済ましたら投票所にいるスタッフさんに付き添ってもらって投票用紙を受け取って、記入台に行き、記入したら投票箱まで導いてもらって、そこから私と帰って来た。


帰り道に、なんで私はあんなに無礼な対応をされたのだろう。。。と考えた。
私は、「お婆さんを口説いて自分が応援する候補者に投票させようとしている人」に見えたのかもしれない。。。と気がついた。


ああ、そうか。
もちろん、私はそんなことはしない。
お婆さんが誰に投票されたのか、知らない。

次男が投票するときも、次男に私の意見を強要しない。



投票所のスタッフの対応から、「親切を装って、誰かを投票所に連れて行って、自分が応援する立候補者への投票を頼む輩」が多数存在するのかもしれない。。。と思った。


世の中は、善意の人ばかりではないのだ。
組織力と資金力をもつ団体が、こういう手段で知的障害者の票を奪い取ることは可能なのだ。

そして、奪い取った票で自分たちの主張や権利を代弁する議員を多人数国政に送り出したら、なにが起こるのか。

やはり、次男には、私が75歳までは私と一緒に投票所に行ってもらおう。

次男の選挙権は私が守るしかないのだろう。

私が次男に成年後見人を立てたら、次男に選挙権を諦めさせるしかないのだろう。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR