FC2ブログ

西宮ガーデンズ、王子動物園

次男は、「もっとどようくらぶ」にでかけました。


出かけるさきは、「西宮ガーデンズ、王子動物園」と聞きました。

王子動物園は、その名の通り動物園とわかりました。
西宮ガーデンズは、須磨離宮公園のような、公園??と思いました。


母はモノを知りませんねぇ。。
調べたら、西日本最大級のショッピングセンターでした。
西宮ガーデンズ

あら、すごいわねぇ。。
これは、刺激的!!
次男くん達、キョロキョロキョロしていたことでしょう。

次男を、母の知らないところへ連れて行っていただいて、ありがたいです。
親の発想だけでは、だけでは、世間がせまいです。
出かける場所も偏ってしまいます。


そおかぁ。。。西日本最大級のショッピングセンター。。。てかぁ。。すごいなぁ。
グルグル歩きまわっても飽きないと思います。



次男を見送ってから、先日歯科健診を受けた歯科医院に保険証を提示に行きました。
先日は、次男の保険証を持って行くのを忘れたのでした。


それから、私自身の受診。
「3月は癌検診を受けてくださいね。」と言われて、「は~~い」と返事したものの、3月は「もっとどようくらぶ」はないのでした。
シマッタ、シマッタ、シマクラチヨコ。。((+_+))
ま、なんとかなるさ。


それから、念願のチキンカレーを食べに行きました。
美味しかったですよ。

SALA's KITCHEN 『iMoKiN』ですけど、何か?

次男くんも大丈夫!
ココナツミルクがちょっとエスニックでステキ。
ランチも良いかも。
次回はランチにしようかな。

お腹がいっぱいになったので、帰り道は歩きました。
とてもかっこいい外観の新築マンション(すでに完売)を見てゾクゾク。
床から梁下までガラスの部屋って、解放感ありますね。
丸見えって、感じもするけどね。



だって、今はカーテンもついていないから、私が歩道から見上げてキッチンの蛇口まで見えてるよ。
私の目が良すぎるのかなぁ。

で、カーテンをつけて、閉めちゃうとせっかくの開放感がもったいない気もするし。
路上から見上げても見えないほどの高層階だったら、カーテンを開け放って暮らしたら気持ちいいかも。
映画の中の1シーンみたい。

高所恐怖症の人は足がすくむかもね。

え、床上から梁下にサッシを嵌めこんでいるのは普通のことですよ。
なんでこのマンションは特別に見えるの?
なんで?
なにが違う??


もしかして、明日が内覧会かな。
エントランスホールにパンフレットを並べて用意している感じ。

お金があったら、買いたい。
ないから、買えない。

買えなくてもデザインがステキなマンションが建つことは、きっと地域に良いことだから、うれしいわ。
同じ通りに沿って「泉布観」旧桜宮公会堂があります。


フェンスに掛けてある完成予想図がを見て、結婚式場になることがわかった。
よかったです。
きっとステキな使い方があると思っていました。
死なせておくにはもったいない建物でした。

「泉布観地区」旧桜宮公会堂の活用事業予定者

旧桜宮公会堂

大阪市のHPに

人々が集う「桜宮 TSUDOU GARDEN」として再生・活用。
・365日開放する
・歴史を発信する
・緑で潤う


と書いています。

良いことですよね。
上手く行くことを祈っています。
春のお花見に間に合ってね。(*^_^*)


2013-2-13-1-2


集客施設が増えると雇用のチャンスが広がるわけで、そうすると、障害者の雇用のチャンスも広がります。


次男のマンションのトイレも台所も居間もピカピカです。
言葉が不自由でも手も足も良く動かして汗をかいてよく働きます。
少し工夫があれば、使えますよ。
次男以外にも、働ける障害者、働ける可能性のある障害者はたっくさんいます。
使ってください。

安易に外国から労働者を呼ばないで、先行投資と思って障害者を使ってください。
先行投資と思って働く障害者を育てるために力を貸して下さい。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR