FC2ブログ

うれしくて眠れぬ夜

悔しくて、悔しくて、眠れぬ夜もあるけれど、

うれしくて、ありがたくて、眠れぬ夜もある。

次男のなんと幸運なこと。
今の家賃よりも低額で、良い住まいが見つかるかも。。。。



きちんと訓練を重ねて育てた自閉症者は、知能は低くても生活スキルを獲得することができる。
幼児期から丁寧に向き合えば、きっと道は拓ける。
困難は残るものの、支援者の手と時間をかけていただいて、穏やかに暮らすことができる。


現行の発達検査は、何十年も前にできた検査方法で、現在の社会と大きくズレテいる。
発達検査が作られた時代には、PCも、iPad 等タブレットも存在しなかった。


現行の発達検査は、IT機器の発達の中で育ち、社会的訓練を重ねる自閉症の可能性も困難度も測ることができない。
きちんと訓練を重ねて育てた自閉症者は、現行の発達検査の、「現実の生活の中では無意味と思われる課題」で高得点を取ってしまう。
もちろん、高得点がとれてしまうスキルと仕事を得るスキルとの距離はとてつもなく大きい。
一方、彼らの問題点が浮かび上がる課題が存在しない。


次男の困難度が点数に現れない。
クククク~~~~ッと、歯ぎしりするような気持ちを抱えて悶々としていたけれど、次男には不利を補って余りある幸運があった。


ありがたいです。






母は、母の立場で、次男の邪魔にならないところで、がんばろう。



それにしても、発達検査については、なんとかすべき。
でないと、真面目にきちんと我が子の障害と向き合って時間を重ねてきた「自閉症児の親」が報われません。
でも、検査方法は、これまでも何十年も代わらなかったし、これから先も何十年も代わらないのだ。(-_-)


時代遅れの検査方法を踏襲して、ビックリするほど不勉強であっても、公務員は職を失わない。

「A判定を受けている人で、マウスをクリックできる人はいません。」
「僕は、知りません。」
とひたすら繰り返した。


そのうえ、市のHPで確認したら、平均年収は、600万円ですって。
ムカッ!!
不勉強で、傲慢で、高給取りですよ。

高給取りなら勉強せんかい。
高給取りにふさわしい適切な仕事をせんかい。

次男ほど幸運でない障害者とその親は、いくら頑張っても報われないじゃないか。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR