FC2ブログ

メモー桜宮高校

あくまでも、自分のためのメモとして

府教委vs市教委 泥沼バトルに橋下市長激高

スポーツ報知 1月25日(金)7時4分配信

 大阪市立桜宮高の男子生徒自殺問題で、同校体育系学科の今春の募集中止を受けた大阪府市の対応を協議する会議が24日、大阪市役所で行われた。ここで、両教育委員会のトップが批判の応酬を繰り広げ、市教委の長谷川恵一委員長(65)が府教委に協力要請しないとヘソを曲げる“場外バトル”が勃発。いったんはなだめ役に回った橋下徹市長(43)も、結局は長谷川委員長にダメ出しするなど、府市の教育行政の亀裂を公開してしまった。

会議では、市側が体育科入学を希望する受験生の受け皿として、府立高体育科の定員増を府側に要請。松井知事は「オール大阪でやりましょう」と応じたが、府教委の陰山英男委員長(54)は要請を受けるとした上で「改革案は真摯(しんし)な反省が感じられない」「(卒業証書に)あの校長の名前を書いて渡すのか」と、市教委の改革姿勢を厳しく追及した。

 「百ます計算」など反復学習を重視した「陰山メソッド」で知られ、立命館小学校副校長などを務め、2008年、当時の橋下知事に教育委員に起用された陰山氏。兵庫・尼崎市の連続不審死事件を例に挙げ、「暴力によるマインドコントロール(という点で同じ)。桜宮の生徒から友達が死んだことに対し、伝わってくるものが感じられない」とまくし立てた。

 これにカチンときたのが、入試中止案に唯一反対した市教委の長谷川委員長。学校法人「エール学園」の理事長は「自分たちで責任を持って解決したい。自分のところ(府立2校)の体育科がどうなってるか調べた上で言ってほしい。同じくらいの内容があるかもしれない」と、府立2校にも体罰があるのでは、と猛反発した。

 この反撃発言に、橋下市長は「府立では自殺は出てない。おかしいですよ」となだめていたが、次第に激高。「責任を果たすんだったら自殺させないでください。市教委はもういいです!」「組織のメンツはどうでもいいじゃないですか」と語気を強めた。

 会議は結局、30分を超えて1時間以上もめ、最後に会見で府教委に要請するか問われた長谷川委員長は「しません」と断言。橋下氏が冷ややかに「僕からします」と述べると、松井一郎知事(48)、陰山委員長も「やります」と声をそろえ、長谷川委員長は面目丸つぶれだった。

 府教委はその後、臨時会議で体育科を擁する府立2校のうち、桜宮高に通学エリアが近い府立大塚高(松原市)の体育科の募集人員を40人増加の120人に、学級数を1つ増やして3にして対応することを決定。2013年度の暫定手段だが、次年度以降については、「今後の桜宮の改革がどうなるか次第」と陰山委員長はけん制。一方の長谷川委員長は、桜宮高の佐藤芳弘校長を2012年度中に交代させる方針を明らかにした。




学校法人「エール学園」
応用日本語学科(海外からの留学生が在籍する)
コンピュータビジネス学科
国際ビジネス学科


1/5 長谷川・大阪市教育委員長が逆切れ 7:36
http://www.youtube.com/watch?v=4dhZx_PSn8s


2/5 委員長のグダグダを橋下市長が制止 7:45
http://www.youtube.com/watch?v=hEyblW1Z5Ws


3/5 府市の教育委員会委員長が論争 10:17
http://www.youtube.com/watch?v=8aZy722Iu8Y


4/5 陰山・大阪府教育委員長がキレる。そして終了。15:14
http://www.youtube.com/watch?v=zLdl4NMGtIU


5/5 激論終わって記者会見 9:14
http://www.youtube.com/watch?v=t2D9wcWpcKo

コメントより

watasinoburaunkan さん

橋下さんの決定に非常に賛成ですし応援してます
他の学校でも調査は必要だが、まず解決していけるところから解決­するというのが一番正しいです
ただ陰山さんの議論中の最初のほうの発言で、これは特殊な事例で­、府でも調査は必要だが、他の先生や学校は桜宮のようなのとは違­うとここで言い切っていたのには納得できませんでした
普通の人が大半なのはあたりまえですし、人が亡くならずとも同じ­ようなプロセスの指導方法があれば根は同じ問題です
陰山さんは元々、教員側の命の問題で教育に関わってきた方ですし­、教員の立場のほうの苦しさを特にかばってこられたわけですが、­今学校はそもそもどの学校でもすごく特殊で閉鎖的な組織です
そして学校内の異常な事件は全国的にあります
よく聞くとわかりますが橋下さんは別に市の教育委員長だけでなく­、陰山さんにも府下中学の進路指導や、府の教育現場の環境に疑問­を発しています
その点でも橋下さんは非常に冷静でよいと思います
さらに陰山さんご自身で最後には、今まで自分のとってきた学校や­教員を守る立場でしてきたことにも疑問をもちはじめてると言われ­たことは興味深いです



このコメントをされてる方、冷静に聞き取っておられるのだなぁ。。。
私は途中で聞くのがイヤになっちゃった。
ダメだ。
忍耐力がもたない。(-_-;)
でも、今、何が起こっているのか、知っておきたいなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : 痛いニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR