FC2ブログ

映画メモーライフ オブ パイ

日本語吹替版もあります。
もちろん次男に見せるのは、日本語吹替版です。


自閉症の次男に見せて良い映画かどうか、まずは調査。

あんまり残酷な場面は、見せないほうが良いと思います。
何せ、自閉症ですからね。
驚異的な記憶力があります。

自分自身でその力を発揮する場面を選択できないから、困ったもんなんですよね。



インドで動物園を経営していた一家が新天地を求めて動物とともにカナダに移住を決め、日本船で太平洋を北上するが、海難事故に遭い、息子の16歳の少年パイが人間では唯一の生存者となる。彼はライフボートでオランウータン、ハイエナ、シマウマ、ベンガルトラと過ごすことになる




2013-1-24-1-1


予告編はとても美しい映像です。
でも、漂流サバイバル物語ですから、きっと美しいだけではないのですよ。

少年と動物達の全員がサバイバルできました。
全員が無事に救助されました。ハッピーエンドです。


となるわけがないです。

絶対にないです。
そうだったら、ディズニーで映画化してますわよね。

観客は、哲学的メッセージを感じた人が多いようです。
主人公は、ヒンズーのベジタリアンで、クリスチャン、イスラムにも親しむ。
多神教で宗教に寛容である日本人から見ると、特別に不思議ではないけれど、唯一神が一般的な欧米人には特異な宗教観をもっていると、感じられるらしい。
その辺を描く前半部分に退屈を感じる人があるかも。。。という評価もあります。

次男は、寝ちゃうかな。。。。
映像がとても綺麗なようだからもつかな。。。どうかな。


トラの名前がリチャード・パーカー

なんで????リチャード・パーカーなの?


と調べたら、「ミニョネット号事件」があって。
これは、ちょっと重すぎる事件。

韻を踏むように「リチャード・パーカー」の名前を使うのは、もしかして、少年冒険小説に見せた残酷物語かぁ。。。(-_-;)
やばいかなぁ。。





Pi Patel, an immigrant from Puducherry in India living in Montreal, Canada, is approached by a local novelist who has been referred to him by his "uncle" (a family friend), believing that Pi's life story would make a great book. Pi relates an extended tale:

His parents had named him Piscine Molitor after a swimming pool in France. He changes his name to "Pi" (the mathematical symbol, π) when he begins secondary school, even repeating numerous digits of pi, because he is tired of being taunted with the nickname "Pissing Patel". His family owns a local zoo, and Pi takes an interest in the animals, especially a Bengal tiger named Richard Parker because of a clerical error. Pi tries to feed the tiger, endangering himself to being attacked, and to teach him the reality of the tiger's nature as a carnivore, Pi's father forces him to witness it killing a goat. He is raised Hindu and vegetarian, but at 12 years old, he is introduced to Christianity and then Islam, and starts to follow all three religions as he "just wants to love God." When asked if he is also Jewish, he replies that he lectures in Kabbalah at the university.

When Pi is 16, his father decides to close the zoo and move his family to Canada, and sell the zoo animals, to ensure a good future for his children. They book passage with their animals (to be sold in North America) on a Japanese freighter named the Tsimtsum. On board the ship, Pi's father gets into an argument with the ship's cook when he speaks to Pi's mother rudely. One night, the ship encounters a heavy storm and begins to sink while Pi is on deck marveling at the storm. He tries to find his family, but a crew member throws him into a lifeboat; from the rough sea, he watches helplessly as the ship sinks, killing his family and its crew.

After the storm, Pi finds himself in the lifeboat with an injured zebra, and is joined by an orangutan who lost her offspring in the shipwreck. A spotted hyena emerges from the tarp covering half of the boat, and kills the zebra. To Pi's distress, the hyena also mortally wounds the orangutan in a fight. Suddenly Richard Parker emerges from under the tarp, and kills and eats the hyena.

Pi finds emergency food and water rations on the boat. He builds a small raft of flotation devices so that he can stay at a safe distance from the tiger. Realizing that he must feed the tiger to protect himself, Pi begins fishing, with some success. He also collects rain water for both to drink. At one point, he makes a board ladder for the tiger to climb back into the boat after it had jumped off to hunt fish. In a nighttime encounter with a breaching whale, Pi loses much of his supplies. Faced with starvation, he eats raw fish. After many days at sea, Pi realizes that he can no longer live on the tiny raft and trains the tiger Richard Parker to accept him in the boat. He also realizes that caring for the tiger is keeping him alive.

After weeks longer at sea, near the end of their strength, they reach a floating island of edible plants, supporting a forest, fresh water pools, and a large population of meerkats. Both Pi and Richard Parker eat and drink freely and regain strength. But at night the island transforms into a hostile environment, with the fresh water turning acidic, digesting all the dead fish that died in the pools. The tiger returns to the lifeboat at night. Pi finds a human tooth inside a plant flower and concludes that the plants are carnivorous, requiring them to leave the island.

The lifeboat eventually reaches the coast of Mexico. Finally back on land, Richard Parker stumbles away from Pi and stops at the edge of the jungle. Pi expects that the tiger will turn toward him and acknowledge him, but instead he looks into the jungle for a while and goes in. Pi, too weak to follow, lies in the sand. He is rescued by a group who carry him to hospital, but he weeps that the tiger had walked away without him.

In hospital, insurance agents for the Japanese freighter come to hear his account of the incident. They find his story unbelievable, and ask him to tell them what "really" happened, if only for the credibility of their report. He answers with a less fantastic but detailed account of sharing the lifeboat with his mother, a sailor with a broken leg, and the cook. In this story, the cook kills the sailor to use him as bait and food. In a later struggle, Pi's mother pushes him to safety on a smaller raft, and the cook stabs her as she falls overboard to the sharks. Later, Pi returns to grab the knife and kills the cook.

In the present, the writer notes parallels between the two stories: the orangutan was Pi's mother, the zebra was the sailor, the hyena was the cook, and Richard Parker, the tiger, was Pi himself. Pi asks him which story the writer prefers; he chooses the one with the tiger because it "is the better story", to which Pi responds, "And so it is with God". Glancing at a copy of the insurance report, the writer notices a closing comment about the remarkable feat of surviving 227 days at sea, especially with a tiger: the insurance agents chose that story as well



動物園をたたんで、インドからカナダに移住することになる。
嵐にあって家族ものとも船が沈んでしまう。
少年、ベンガルトラ、シマウマ、ハイエナ、オランウータンが救命ボートに乗り移ることができた。
漂流が始まる。
オランウータンと足を怪我したシマウマは生きたままハイエナに喰われ、ハイエナはトラに喰われる。
(この場面、次男に見せていいか?ダメか?(-_-;))


残ったのは少年とベンガルトラ。
少年は魚を釣り、虎に食べられないように威嚇し、距離を置く。。
自分をまもるためにエサをやらなくては。

美しい小島に辿りつくが夜になると真水は酸に変わった。(ファンタジーホラーか?(-_-;))
果実の中に人間の歯を発見した。(ぎょえー!!)
食人島???
少年とトラはボートに戻った。

衰弱して瀕死の状態で、メキシコの海岸にたどり着いた。
トラはヨロヨロと歩いてジャングルの入口へ。
そこで立ち止まったトラ。
少年は、トラが振り向いてくれると固く思った。
だが、トラは一度も振り向か無いままジャングルに消えてしまった。
泣き崩れる少年。。


やがて、救助されて病院で事情聴取される。
トラと過ごした漂流記を保険調査員は信じない。
「すごい話だけど、本当の話を聞かせて。」

信じない大人に向かって少年は言う。
じゃあ動物の出てこない話をしよう。

母、コック、青年、少年が救命ボートに乗り、互いに殺し合い肉を食べ生き延びたという話。。

どっちの話が好き??
(ぎゃぁ。。どっちが本当なんだぁ。。(-_-;))




だから、トラの名前をリチャード・パーカーとしたんだ。ミニョネット号事件だ。(-_-;)

だまし絵のように、今まで見ていた綺麗な絵の下からおぞましい絵が浮かび上がってしまう。
あわわぁぁ(-_-;)

この殺し合い、食人肉の場面の映像はあるのかな、無いのかな。
あったら、次男に見せたくない。
映像がなくて、主人公の語りだけだったいいな。
私もその場面は見たくないわ。



スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR