FC2ブログ

そんなに悪かったのか-NHK大河ドラマ「平清盛」

私は、「朝の連続TV小説」と「大河ドラマ」を見る習慣がないので、「平清盛」も見ていなかったので、どんな内容か知らないけれど、そんなに悪かったのだろうか。


放送を終了したNHK大河ドラマ「平清盛」の全50回の平均視聴率が過去最低だったことについて、清盛ゆかりの土地が多い兵庫県の井戸敏三知事は25日の定例会見で、「もう少し工夫があって良かったのでは…」と苦言を呈した。




総集編を見てみようかな。

なんでもそうだけど、大勢にウケルことが良いこととも限らないように思う。

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

大河を毎回観ていますが、今回は明らかに雰囲気が違っていました。
ウケを狙ったり、視聴者に媚びた感じがないのは、制作側の意図だったのでしょう。
私はそんなに嫌いでないと言って、ずっと観ていましたが、さすがに日曜日の夜に、淡々として暗い話をみていると切なくなって来て、最後の3回位はまだ見る気がしなくて録画したままです。
普通は最後のクライマックスを早く観たくて仕方ないでしょうが…。
仕事をしている方などは、明日への活力にしたい番組でしょうから、そういった意味でも人気が落ちたのかもしれません。
作品が悪いとは思わないので、総集編はいいかも知れませんね。

予約録画しますわ。

なんるほど。。。陰々滅々とした部分もあって当然ですよね。
歴史は人の想いの積み重ねですもんね。
見て感じて気持ち良いものだけのはずが無いですよね。
松山ケンイチさん、魅力的な俳優さんですもんね。
きっと良い作品だったんだろうなぁ。

「挑戦的な作品をこの俳優で作ってみよう!」と製作スタッフに思わしめる俳優さんは、稀有だと思いますよ。
視聴率のことで責任感じているとしたら気の毒ですよね。

貴族支配から武士支配に世の中が大きく転換する時ですもんね。
そうそう単純ではないですよね。
院政もややこしいし。
ドロドロだし。
武力だけの戦国時代のわかり易さとは違うものがあったでしょうね。

見てみたいですわ。
予約録画セットしましょ。(^.^)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR