FC2ブログ

お出かけメモ-なにわの海の時空館

「なにわの海の時空館」へ行ってきました。


2012-12-16-3-3

2012-12-16-3-2


2012-12-16-3-1




ここは、よく簡単な工作教室を開いてくれるのでありがたいです。
今日は、「まつぼっくりツリー」

2012-12-16-2-4

ありがとうございました。m(__)m



---参考---12/1、2、8、9「クリスマスリース」

  12/15、16「まつぼっくりツリー」

  12/22~24「おしゃもじサンタ」

費用 200円



2000年開館。
総工費176億円毎年の赤字は3億円以上



平成22年度の大阪市事業仕分けで「廃止」が妥当と判定されていますから、今のうちに行っときましょう。
いつ行ってもガラガラです。
私達は利用しやすくて、ありがたいです。



2012-12-16-2-2


2012-12-16-2-1


貝を装飾したら、怪獣みたいになっちゃった。
貝を1個、まつぼっくりを2個使って良いです。。。。と言われました。
でも次男も私も、まつぼっくり1個、貝1個で満足しました。


-------------------------------------------

一瞬で私の自閉症センサーが反応しました。
教室には、明らかに自閉症と思われるお嬢さんとお母さんがいました。

やっぱり考えること同じですね。
どの親も、お金が余りかからないことで、なんとか子どもが退屈しないように考えています。

「お嬢さんはおいくつですか。」と訊いてみました。
「中学2年です。」


ビックリ!!
お嬢さんは成人に見えました。


あちらのお母さんにも当然次男が自閉症とわかったと思いますが、お母さんは私になにも訊かれませんでした。

お母さんの年齢は、私と同じくらいに見えました。
お母さんの見た目年齢と実年齢が同じくらいであれば、かなりの高年齢出産です。


不思議だなぁ。。。。(ーー゛)
とても不思議。


私だったら、次男が中学生だったら、目の前に年長の自閉症者が現れたら、私はその保護者に「今は学校ですか?作業所ですか?施設ですか?」と訊いていたと思います。

次男にどんな未来があるのか。
どんな場所があるのか。

知りたかった。
心配でならなかった。


今、なにをしたら次男の未来が拓けるのか。
どうしたら、親亡き後の次男の生活の準備ができるのか。


訊きたかったけれど、そういう出会いが無かった。
そういう出会いがあれば、どんなにうれしかったことだろう。


今、次男が成人して、幸運に恵まれた生活をしている。
とてもありがたいと思っている。


今、私が出会いたいのは、次男とよく似たタイプの障害者で30代40代で、イキイキと生活されている方。

どんな生活スタイルをされているのか。
毎日の生活の中で、どんなことに気をつけておられるのか。
支援の体制はどうされているのか。

訊いてみたい。
知りたい。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

次男さんが高校生のころから拝読させてもらっていますが
その当時から今も、とてもきれいな指をされてますね。
芸術家を想像してしまいます。
これからもずっとそのままでありますように。

Re: きれいな指


長男も次男も、家でお茶碗を洗うし重いものも持つのに不思議です。
次男なんて、私の分の洗濯物を干したりするのですが、ずっときれいな手をしています。
仕事も、軍手をして汗をかく作業をしているのにね。
若さでしょうか。
うらやましいです。


> 次男さんが高校生のころから拝読させてもらっていますが
> その当時から今も、とてもきれいな指をされてますね。
> 芸術家を想像してしまいます。
> これからもずっとそのままでありますように。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR