FC2ブログ

映画メモ-灼熱の魂

中東の歴史はまるでわからない。
覚えられない。
レバノンとヨルダンの違いもあまりわからない。


それなのに、見てしまった映画。
カナダ、ケベックは映画産業盛んで、興味深い映画がたくさん制作されているらしい。
フランス語の映画というだけでも耳に新鮮だ。
ハリウッド映画とは、かなり違う感じ。
俳優も知らない人ばかりなので、ストーリーに集中するのかもしれない。



灼熱の魂


2010年のカナダ映画。
レバノン生まれでカナダ・ケベック州に移住した劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲『焼け焦げるたましい(原題:Incendies、火事)』(2003年) の映画化。

2010年9月4日、ヴェネツィア国際映画祭とテルライド映画祭で上映された後、2010年9月17日からケベック州各地で公開された。2010年9月13日にはトロント国際映画祭で上映され、最優秀カナダ映画賞を受賞した。そのほかにはサンダンス映画祭や釜山国際映画祭でも上映された。

日本では2011年12月17日にTOHOシネマズ シャンテほかにて劇場公開された後、全国順次公開された。

第83回アカデミー賞外国語映画部門のカナダ代表作品に選定され、最終的な5本のノミネート作品にまで名を連ねた。


あらすじ:ケベック州に住む双子の姉弟ジャンヌとシモンは、亡くなった母親ナワルからの遺言を受け、未だ見ぬ彼らの父親と兄の存在を知る。そして遺言によりジャンヌは父親への手紙を、シモンは兄への手紙を託され、二人は中東の母親の故郷へ初めて足を踏み入れる。

2012-9-16-3-1



体調が悪時には、絶対に見てはいけない映画。
打ちのめされます。


「歌う女」――かつて中東の監獄で、15年間、いかなる非道な拷問にも屈することなく、歌い続け、地獄を生き延びた女闘士がいた。

彼女の名は、ナワル。辺境の村で異教徒の男を愛し、子を孕み、「家族の名誉を汚した」と目の前で男を殺された女。産んだ息子は連れ去られ、村から追放された女は、やがて、息子を襲撃で殺されたと思い込み、テロに身を投じる。監獄に入れられ、レイプ拷問をうけた女は、身も心も傷つき果てた後に、釈放され、カナダ・ケベック州に亡命した――

女闘士ナワルが、その後、歳月を経て、亡命先のカナダのプールサイドで突如、意識を失い、そのまま死を遂げたという設定から始まる。続いて、双子―姉弟―の遺児が公証人に呼ばれ、遺言を言い渡される。それは、死んだと聞かされていた「父」と、存在すら知らなかった「兄」に、それぞれ一通ずつ、手紙を届けてほしいという内容の遺書だった。母に愛された経験のない弟(たぶん、それは、息子がその父を連想させたから。)は激しく拒否し、姉娘だけが、手がかりを求め、遠い母の故国へと旅立つ。一葉の写真をその手にたずさえて。やがてそれは、母が「歌う女」と呼ばれていた監獄内で撮られた写真だと判明する。

姉弟は、ナワルが服役中、拷問人にレイプされ妊娠・出産した事実を聞き出す。
兄の出生のことだと思ったがそうではなかった。
母が獄中で出産したのは男女の双子だった。
そうではない。。。と知った姉弟の苦しみ。悲しみ。

モスリムの父、キリスト教徒の母の子として生まれた兄は、孤児-モスリム側スナイパー-捕虜-洗脳-キリスト教側の拷問人と流転して、あろうことか母を拷問した男の名前を名乗っていた。


ナワルは、意識朦朧となったあと、強靭な意志の力で公証人に遺言の作成、執行を依頼たのだ。
それは、子どもたちのため。
3人の子ども達が生きていけるように。
自分が生まれて来たことを呪うことがないように。
母は、「どんなことがあっても、おまえを愛している。」と伝えるための遺言だったとわかる。


本来は、キリスト教徒とモスリムの かけ橋 になる可能性もあった生き別れた最初の息子は、ナワルの墓に参って深く頭をたれる。
彼の胸中はいかに。
卓越した冷酷なスナイパーになりたい。。。と願った息子。
指名手配書が全国に貼り出されたら、きっと母が見てくれる。。。と言っていたとか。

胸が苦しくなるラストシーンだ。


絶望ではなくて、ハッピーエンドでもない。
残酷で冷酷な事実を明らかにしたうえで、母は、子ども達に「存在することの意味」を与える。
母はあなたをこころから愛していると。

母であることは、こんなにも大きな責任を負わねばならないのか。

女性という「産む性」は祝福なのか、呪いなのか。。。。とさえ思う。
いや、祝福に違いない。
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR