FC2ブログ

追記:また、訪問調査 「障害児と生きる日常(58952)」

特別なこともなく、(あるわけもないか)無事にすんだそうです。
私は出勤して、次男とサポーターさんが自宅で調査員と会いました。


前回の調査の時と同じく、現在利用しているサービスの状況を記入して今後のサービスの利用意向では、「現在のサービスを継続して利用したい」にチェックをいれました。

サポーターさんと言っていたのですが、本当に、二度目の訪問調査って必要なんでしょうか???

気がかりなのは、デイサービスの行く末です。
障害者自立支援法の実施に伴い、知的障害者のデイサービスは廃止されます。

デイサービス「クリンもだん」はどうなるのでしょうか。
うまく地域活動支援センターに移行できるでしょうか。

是非、うまくいってほしいです。
最初から先行き怪しいのを覚悟で「応援します」と言ったのですからどうなっても私は、ウダウダは言いません。

ただ一言がんばって下さい。

アラビア ソープ
アトピー、乾癬、敏感肌の方におすすめの石鹸です。


無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり

アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

どうなるんでしょうね。

こんばんは。手元にある新体系サービスへの移行についての資料をみてみると、地域生活支援事業・地域活動支援センター事業としては1型、2型、3型があって1型は精神の方の生活支援センターからの移行をを想定、2型がディサービスセンターからの移行を、3型は共同作業所からの移行を想定していて、どうも最低定員としてそれぞれの一日あたりの実利用者人員が概ね20名以上、15名以上、10名以上になっているみたいです。5、6人でやっている共同作業所もあるでしょうに、どうやって存続しろと言うのでしょう…もしよかったら資料のコピー、お送りしましょうか?アラビアソープのお代金と一緒に。(まだ送ってなかったんかい!)

Re:どうなるんでしょうね。(08/30)

green_3さん
おはようございます。いつも的確な資料をありがとうございます。それ、それ!!15名以上っていう数字がハードルです。メンバー同士のタイプ、性格の別もあるわけで、障害者とういうククリだけでは大雑把過ぎて、問題がありすぎます。それぞれの実利用者人員はまったくソレを無視していますね。利用料のこともありますが、利用者のニーズに合わないという事で退所する人が増えるでしょう。その前に存続が危ぶまれますね。障害者とその家族は、確実に追い詰められていますね。怒りがフツフツしてきます。資料のコピーとお代金もサンキュでっす。

Re:追記:また、訪問調査(08/30)

私も「現在のサービスを継続して利用したい」にチェックをいれました。
で、中高生の場合は成人さんとは逆で、今までは小学生や未就学児が対象だった児童デイサービスを利用できることになるそうです。
ただし、それをしてくれる事業所がまだ少ないって。
タイムケアもあるけど、これも市内4~5箇所しかなくて、うちからはどこも遠すぎて利用できません。--;

Re[1]:追記:また、訪問調査(08/30)

kukuminnさん
>で、中高生の場合は成人さんとは逆で、今までは小学生や未就学児が対象だった児童デイサービスを利用できることになるそうです。
間口が広がったと考えると喜ばしいことですよね。

>ただし、それをしてくれる事業所がまだ少ないって。
>タイムケアもあるけど、これも市内4~5箇所しかなくて、うちからはどこも遠すぎて利用できません。--;
-----
問題は、ソレですよね。制度の間口が広がっても、利用できるまでに時間がかかるわけです。少しでも、早く役に立つ制度になてほしいですね。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR