FC2ブログ

負け惜しみじゃないもんね。 「障害児の親として(10946)」

全公立小で“放課後教室”…共働きには時間延長も

 文部科学省と厚生労働省は、来年度から全国すべての公立小学校で、放課後も児童を預かることを決めた。

 スタッフは教員OBや地域住民で、勉強やスポーツのプログラムを用意して、児童が放課後を学校で過ごす環境を整えるほか、共働き家庭の子ども向けには、さらに時間を延長する。

 子どもが安心して遊べる居場所づくりや、子育ての負担軽減による少子化対策につなげるのが目的で、2007年以降、大量退職する教員に活動の場を提供する狙いもある。両省では、来年度の総事業費として約1000億円を見込んでいる。

 今回の事業は、全児童対象の時間帯と、それ以降の、親が留守の家庭の子どもを対象とする時間帯の2本立て。小学校内での活動が基本で、空き教室や体育館、校庭などを利用することを予定している。
(読売新聞) - 8月29日14時41分更新


コレは良いことなんだろうか。
子供達に安全な場所を提供するということは、良いことなのだが、学校と同じメンバーが放課後も、学校と言う場所で顔をあわせるわけだから、もし、仲の良くない、力関係のハッキリした子供達がいるとしたら、苦痛が大きくなることだろう。

私は次男の周りに同級生達を引き寄せるために、次男の同級生達と登下校の送り迎えのわずかな時間にたくさん遊んだ。

次男を公園に連れて行って、何とか次男も滑り台を使わせてもらおうと「オバチャンと次男くんも仲間に入れて~~」と叫んで、次男をひざの上に抱いて楽しそうに滑った。
30過ぎのオバハンは滑り台では楽しめなかった。
楽しめなかったけれど、楽しい顔をした。
1人、2人、3人と少し心淋しい子供達が集まってくる。
毎日が私設学童保育所のようだった。
だんだんに子供達が次男に慣れていった。
次男も子供達に慣れていった。

保育所時代から、次男にいろいろなことさせていた。
ドーマン法のパターニング、腹ばい運動、高ばい運動、タオルブランコ、トランポリン、セラピーボール、ボールプール、乾布摩擦、フラッシュカード、読み聞かせ、OT,ST、スイミングスクール、砂遊び、大学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんも手伝ってくれた。
どんなことも大切だと思ったけれど、コミュニケーション能力を育てるには、それだけではダメだと思った。
次男と子供達とが同じ空間にいる時間を作らなくてはならないと思った。

当時、学童保育所は、障害児の次男を入れてくれなかった。
ならば、学童保育所に行っていない子供達を私が公園で捕まえようと思った。

当時、学童保育所が次男を入れてくれなくて良かった。
これは負け惜しみではない。

なぜなら、
私ほどに、次男のことを中心にして子供達の遊びを盛り上げる指導員は
絶対にいなかったと思うからä١

次男をクラスの中心にしたかった。
次男にチヤホヤしてやってほしいと思ったのではない。
人とコミュニケーションをとる能力が極端に乏しい次男に、人といることの楽しさ、わずらわしさの両方を体験させるには、そうするしかないと思った。
次男は、知的な障害があるだけではない。
自閉症なのだ。
コミュニケーション障害があるのだから。

子供達を次男の周りに集めるには、オバチャンがアイドルになる必要があった。
正直いうと毎日がヘトヘトだった。

でもあの時間があったからこそ次男の小学校生活は充実したのだと思う。
全公立小学校で放課後教室ができたら、助かる家庭、子供達はたくさんいるけれど、当時にそれがあったら、私は子供達を捕まえることが難しかっただろうなと思う。

「制度はいつも私達の後からついてくる」と言った先輩のお母さん達。
そう、その通り。
いつも制度の一歩前を歩きたい。
一歩前は苦しいけれど、ウマミも大きい。



アラビア ソープ
アトピー、乾癬、敏感肌の方におすすめの石鹸です。


無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:負け惜しみじゃないもんね。(08/29)

>30過ぎのオバハンは滑り台では楽しめなかった。
楽しめなかったけれど、楽しい顔をした。

よくわかります~。(涙)
作り笑顔、長女の友達に会うと未だしてます。
こりゃ、条件反射かっ。--;
でも、次男君と同じで娘の周囲に集まってくれる子供たちは良い子ばかりだったので救われました。

わたしは

未だに ブランコ大好きです♪
インサもドッジも本気でこども達とやって
長男(健常)の神経質な担任の先生が泡をふきそうになったこともあるんです^^;

Re[1]:負け惜しみじゃないもんね。(08/29)

kukuminnさん
自分でも良くがんばったと思います。kukuminnさんがおっしゃるとおり、子ども達にすくわれました。

Re:わたしは(08/29)

*komorebi*さん
>未だに ブランコ大好きです♪
>インサもドッジも本気でこども達とやって
>長男(健常)の神経質な担任の先生が泡をふきそうになったこともあるんです^^;
-----
器の小さい先生ですね~~ワハハ(^。^)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR