FC2ブログ

報道メモ-<親学議連>「発達障害、予防は可能」…抗議殺到し陳謝

超党派の国会議員でつくる「親学推進議員連盟」が5月末「発達障害を予防する伝統的子育て」をテーマに勉強会を開いたことが分かった。配布資料には発達障害児の育児環境を「(子どもへの)声かけが少ない」とした表や「発達障害児は笑わない」「予防は可能」などの記述もあった。発達障害は子育ての問題だと受け取られかねない内容に、関係者の抗議が殺到、議連側は最終的に陳謝した。


◇勉強会内容をブログで報告

 発達障害を巡っては、大阪市の「大阪維新の会」市議団が5月に市議会への提案を目指した家庭教育支援条例案に「伝少し大きい文字統的子育てで発達障害は予防できる」などの文言が盛り込まれ、批判を受け白紙撤回したばかり。政治の理解不足が改めて浮き彫りになった。

 親学推進議連は4月、民主、自民など衆参両院の81議員で発足した。安倍晋三元首相(自民)を会長、鳩山由紀夫元首相(民主)を顧問とし、町村信孝元文部科学相(自民)らいわゆる「文教族」議員が多く名を連ねる。

 勉強会は5月25日、衆院第2議員会館で開かれ、出席者によると、民間団体「さいたま市教育相談センター」の金子保所長高橋史朗・明星大教授が資料をもとに講演した。

 翌26日に議連事務局長の下村博文衆院議員(自民)がブログで内容を報告すると、発達障害者や親から「大阪の条例案と同じ」「発達障害について学んでほしい」と抗議が殺到した。下村議員は今月2日のブログで「誤ったメッセージになった」と陳謝。毎日新聞の取材に「(発達障害の言葉を)広義の意味で使っていたが、誤解を生まないよう、親の育て方から生じる問題については別の言葉を考えたい」と語った。

下村博文衆院議員(自民)のブログ


5/26 発達障害を予防する伝統的子育てとは:
http://hakubun.jp/2012/05/26/


6/2  5月26日「発達障害を予防する伝統的子育てとは」のブログの​コメントに対して:
http://hakubun.jp/2012/06/02/


2012/6/12  23:44 現在18件のコメントがあります。

「あっぱれ男児の母」さんのコメントに同意します。
下村博文衆院議員は、たくさんの抗議があったから手のひらをかえしただけね。


「あっぱれ男児の母」さんいわく、
「親の苦労はわかっているつもり」でも、本当の意味で「障害」を理解なさっていないかとお見受けします。

まったく、その通り。

どこまでも「親学」にこだわるのは、本当に「発達障害」について考えているのはなくて、 「利権」が目当てにちがいない。



81議員に気をつけましょう。

なんで「親学推進議員連盟」の方々は、大阪維新の会と同じ失敗を繰り返したんだろうか?

と、書いておられる人があります。
本当ですね。
カエルの面にナントヤラ。。。。なみの厚顔無恥ではない。
こたえない人が一番恐いですよ。
きっと、これでおわりではありませんよ。
まだ、まだ、続くと思います。


会長:安倍晋三
会長代行:高木義明

副会長:
町村信孝
伊吹文明
河村建夫
中曽根弘文
小坂憲次
塩谷立
池坊保子
中山恭子
荒井広幸
小沢鋭仁
羽田雄一郎
三井辨雄
牧義夫
田島一成
江口克彦


幹事長:鈴木寛

事務局長:下村博文

顧問:鳩山由紀夫

メンバー
山口那津男 (公明)
笠浩史
水戸将史
逢沢一郎
室井秀子
金森正
山本博司 (公明)
山谷えり子
有村治子
磯崎仁彦
木内孝胤
井上信治
義家弘介
馳浩


81議員の全員の名前をご存じでしたら、おしらせください。
大きくメモして目立つところに貼っておかなくちゃ。
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【報道メモ-<親学議連>「発達障害、予防は可能」…抗議殺到し陳謝】

超党派の国会議員でつくる「親学推進議員連盟」が5月末「発達障害を予防する伝統的子育て」をテーマに勉強会を開いたことが分かった。配布資料には発達障害児の育児環境を「(子ど...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR