FC2ブログ

マンションの競売

去年、私達が住む古いマンションの1室が競売にかけられた。

昨日、今日の報道を見聞きして、あの部屋を手放したご一家は、今、どんなお気持ちだろうか。


まさか、分譲マンションに住み続けながら生活保護費を受領できるとは、ご存知なかったと思う。

既に、「芸能人K某の母親の住むマンションはここである」という情報が流れている。
それが本当であれば、そこは大規模開発された高層マンション群で、美しい公園、大型スーパー、小学校、中学校、地下鉄の駅、最先端の医療技術設備を誇る大病院も近いので、中古マンションで2千数百万という価格も納得できる。



自分達の住むマンションの1室が競売にかけられるということを知り得たのは、マンション管理組合の役員の任期中だったから。
毎月の役員会で、共益費の未収状況の報告があったからだ。

何号室のことであるかを知っているのは、管理組合理事長と管理を委託している管理会社のみ。
一般役員は、何号室のことであるかは、知らされない。

長期にわたって共益費の未収が続き、管理会社の顧問弁護士が作成した督促状が発送され、内容証明が発送された。
たぶん、共益費だけではなくて、世帯主が住宅ローンを組んでいる銀行への支払も滞ったのだろう。


結局は、その部屋は、裁判所の競売にかけられた。
競売情報は、インターネットで公開された。
部屋番号もわかった。
大きなタイプの部屋だった。


競売が成立し、価格も公開された。
私達が住むマンションは、築年数がずいぶん経ってしまっているので、落札価格は低いであろうと誰もが思っていたが、それを上回る価格で落札された。
それでも、10数年前に私達の小さい、小さい部屋に付いていた価格よりも低い価格だった。
住宅の価格と言うのはそういう下がり方をする。


思惑よりも高い価格がついて、抵当権を持つ銀行は少し安堵したことだろうけれど、住宅ローン破産したもとの持ち主には、すでに関係のないことだろう。
自宅マンションという資産が無くなって、住宅ローンは相殺になるのだろうか?
それとも、まだ、ローンだけが残るのだろうか。


たいていの人は、住宅ローンを組むときは、30年、35年という長期ローンを組むことになる。
それが精一杯だから。


ローン期間の半分まで払い終わったときに、借りた金額の元本は少しも減っていない。。。。とよく聞く。
それほど利子分の支払が多いということらしい。


自宅を購入することは、大部分の人にとっては、一生に一度あるか、ないか。。。という大事業なのだ。
それを手放さねばならない痛み。。。。。想像して余りある。
そして他人事ではない。


競売にかけられた部屋は、住宅会社が落札して売り出された。
アチコチにノボリが立てられて、案内板がかけらえて、「お気軽にご見学下さい。」とあった。
私と長男も後学のために見学させてもらった。

4LDの間取りで、ま新しくなった室内に、青畳の香りが清々しくて、洗濯室には、ま新しく設えた白い棚が眩しかった。
床面積が広くて、ウチの2倍くらいだった。
もちろん、先の住民の痕跡は100%消されていた。
購入される人は、気持ちよく新生活を始めることができるだろう。


安価な小さな中古マンションであっても、大事な住まいを手放すことは辛い。
たいていの人は、一度自宅を手放せば、二度と手に入れることはできないだろう。
だから、慎重に、堅実な計画を立てたはずなのに、どうにもできないことがおこるのだ。
そして、公的な支援は与えられない。
普通の人には、申請しようという発想さえなかっただろう。


かたや、はじめからムチャなローン設定をしていた芸能人には容易く公的な支援が与えられる。
生活保護費を受給したのは母親であるが。


長男と二人、見学を終えて玄関ポーチに出たら、胸が痛くなったことを覚えている。


憶えておこう。
ものごとには奥の手と言うものがあるらしい。
でも、私達には使えない。



誰にとっても住環境は大切だ。
子に障害があれば、尚更だ。
私はとてもこだわった。
これからも、こだわって守りぬきたい。
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マンションの競売】

去年、私達が住む古いマンションの1室が競売にかけられた。昨日、今日の報道を見聞きして、あの部屋を手放したご一家は、今、どんなお気持ちだろうか。まさか、分譲マンションに住...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR