FC2ブログ

訃報ーデデさん

川村 龍一さん亡くなられたそうだ。

私にとっての「川村 龍一さん」は、ナルシストのボーカルの彼ではなくて、DJデデさんです。



川村龍一さん69歳(かわむら・りゅういち=パーソナリティー、大阪芸術大短大部メディア・芸術学科長)25日、大阪市北区の事務所で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。


どうして!?
なんで!?


なんと言ったらいいのか、言葉が見つからない。


初めて、TVでお見かけしたときは、川村 尚(かわむら ひさし)さんだった。

たくさんのラジオ、TVに出演されていた。
私は特にポップス・イン・ピクチャー(KBS京都テレビ)略称 P.I.P(ピップ)、 が好きだった。


まだ各家庭にホームビデオがあるような時代ではなかった。
動画の洋楽アーティストを見る機会はあまりなかった。
ワクワクした。
「大人の音楽」を聞いて見ているように思った。

今、覚えているのは、スーパートランプ、サンタナ、ジャクソンズ、KC&ザ・サンシャイン・バンド、 デヴィッド・ボウイ、10CC、ABBA、ランナウェイズ、フリートウッド・マック、ホール&オーツ、エアロスミス、シカゴ、キッス、クイーン、ウイングス。。。。ずっと後になってベイシティローラーズも見たかな。(-_-;)

中学生にはスージー・クアトロは衝撃だった。


「フランプトン・カムズ・アライヴ!」のピーター・フランプトンはまさしく輝いていた。



川村さんは、レコード店(死語)のかっこいいお兄さん風だった。
やがて、渋い中年のおじさんになられた。

私は中学生からおばさんになった。


言いようのない気持ちがする。
寂寥感   だろうか。
欠落感   だろうか。
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【訃報ーデデさん】

川村 龍一さん亡くなられたそうだ。私にとっての「川村 龍一さん」は、ナルシストのボーカルの彼ではなくて、DJデデさんです。川村龍一さん69歳(かわむら・りゅういち=パーソ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

訃報、知りませんでした。
そうですか、亡くなられたんですね。

私もポップスインピクチャーを観てました。こちらはサンテレビでした。
洋楽を扱った番組は希少でしたね。
後、MTVとか。

書かれてあるアーティスト、全部知ってます^^; 同じ世代でしょうか。

あ、ナルシストの河村隆一さまも好きです(汗)

ご冥福をお祈りしたいと思います。

Re: こんばんは

> 訃報、知りませんでした。
> そうですか、亡くなられたんですね。


ビックリしたでしょう。
ビックリし過ぎて、ご冥福を祈る言葉が浮かんできたのは、ずっとあとでした。


> 私もポップスインピクチャーを観てました。こちらはサンテレビでした。
> 洋楽を扱った番組は希少でしたね。
> 後、MTVとか。

今はPVはあたりまえのことでも、当時は大革命みたいな感じでしたよね。
クィーンのボヘミアンラブソディーとかね。


> 書かれてあるアーティスト、全部知ってます^^; 同じ世代でしょうか。


まさしく!!(~_~;)


> あ、ナルシストの河村隆一さまも好きです(汗)
>
> ご冥福をお祈りしたいと思います。

ともに祈りましょう。


プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR