FC2ブログ

報道メモ‐みんな頑張っている

皆さん、がんばっておられるのだ。
障害者本人も家族も会社もジョブコーチやヘルパーさんもケアマネージャーも。

次男も、私も頑張らなくちゃね。


障害者の就職、2年連続で最高=6万人に迫る-厚労省 

厚生労働省は15日、ハローワークを通じて就職した障害者が、2011年度は前年度比12.2%増の5万9367人と2年連続で過去最高を更新したと発表した。厚労省は「障害者の就労意欲が高まり、企業も社会的責任として積極的に雇用しているため」(職業安定局)と分析している。
 内訳は、身体障害者が2.6%増の2万4864人、知的障害者が8.8%増の1万4327人、精神障害者が29.5%増の1万8845人だった。就職先を産業別にみると、医療・福祉が1万3751人で最も多く、製造業9282人、卸売・小売業9203人が続いた。(2012/05/15-15:45

障害者雇用率が引き上げられるそうだ。
ありがたいことだ。


次男くらいに重度だと、今の仕事の形態がベストだと思うけれど、次男よりも知能が高くて職場がない人がたくさんいると思うので、多くの人達に朗報となるかもしれない。
雇用してもらったら、安心しないで頑張って仕事してくださいね。


え!?

都道府県の教育委員会は障害者を雇用していたの???
知らなかったわ。
どんな仕事をしているのだろうか???



障害者雇用率2%に=15年ぶり引き上げ―厚労省
時事通信 5月23日(水)12時7分配信

厚生労働省は23日、民間企業に義務付ける障害者の法定雇用率を現在の1.8%から2%に引き上げることを決めた。2013年4月から実施する。障害者の就労意欲が高まり、社会的責任として採用に前向きな企業が増えていることを反映した。これにより義務化の対象企業は、現在の「従業員56人以上」から「同50人以上」に広がる。法定雇用率の見直し作業は5年ごとに行われ、引き上げは1998年7月以来15年ぶり。 また、国や地方自治体は2.1%から2.3%に、都道府県の教育委員会は2%から2.2%にそれぞれ引き上げる。厚労省は23日開いた労働政策審議会障害者雇用分科会にこれらの引き上げ案を諮問し、了承された。


え!? 
教育委員会が義務を果たしていないの!!!!??
ビックリ!!(゚∀゚ )



オマケに、見え透いた言い訳をして恥ずかしぃ!
教育委員会に雇用されている人が、全員が教員免許をもっている人だとは、とても思えないですよ。

 


17都道県教委に勧告=障害者雇用の改善求める-厚労省

厚生労働省は30日、17都道県の教育委員会に対し、法で定めた障害者雇用の義務を果たしておらず改善も見られないとして、採用計画を適正に実行するよう同日付で勧告を行った。教職免許を持つ障害者が少ないため法定水準に届かないとするケースが多いが、同省は教員以外の職員も積極的に採用を進めるよう指導する。 障害者雇用促進法では、都道府県教委の障害者の雇用率を2.0%と規定。達成していない場合は採用計画の作成を求められ、17都道県は昨年12月末時点で計画を実行していなかった。雇用率が最も低かったのは茨城(1.42%)で、鹿児島(1.45%)が続いた。(2012/03/30-17:25)
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【報道メモ‐みんな頑張っている】

皆さん、がんばっておられるのだ。障害者本人も家族も会社もジョブコーチやヘルパーさんもケアマネージャーも。次男も、私も頑張らなくちゃね。障害者の就職、2年連続で最高=6万...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR