FC2ブログ

早起きして薬剤散布

今朝は、早起きして植木の薬剤散布しました。

今のマンションの引越して10年余、植木は基本的に野放し放任主義で、弱ったら弱ったまま、枯れてしまったらそれが寿命だと思っていました。
薬剤や肥料を施していませんでした。

それがなぜ、薬剤散布かというと、昨年にバラの苗を買ったからです。

難しいと言われるバラを薔薇を咲かせてみたいと思ったのでした。
無謀でしょうが。
むぼーですよね。



インターネットで調べると、春虫が動き出すまえに薬剤散布すべし。。。。とあるので、ホームセンターへ行って来ました。

うーん、ウーンと悩みながら薬剤を選んできました。

土に混ぜたり、土の表面にパラパラ撒くタイプと、直接に葉や茎に散布するタイプをひとつづつ買いました。
1000円の重みを知る生活をしているのに、2000円近く使ってしまった。
ハハハ。。。笑いこっちゃない(-_-;)


でもね、必要なことなのです。
金魚ちゃんの水槽の水を替えたり、植木の様子を観察することは、なんというか。。。。自己治癒というか。。。ですね。

特別に病気していたり、怪我をしていたりするわけではないけれど、毎日どこかが壊れてないかとか、自分の中心軸がずれてしまっていないかとか、ちょっと点検する時間が必要なのです。


で、そういう効果が確かにあるのか。。。。と言うと、はてな???
わかんないですよね。

なんのこっちゃ(>_<、)




土に混ぜたり、土の表面にパラパラ撒くタイプは、全部の鉢に施しました。
散布するタイプは、バラ、西洋ヒイラギ、レモンとか樹木にしました。

ホームセンターに行くのが好きです。
買わなくても好きです。
ヘー!ホー!。。。て、声に出したら人に笑われるから黙って見て歩いていますが、本当は、声に出したいぐらい好きなの。

ひとりで行くのが好きです。
次男と行くと、待たせ過ぎると悪い気がするし。
次男もアッチコッチの商品を見て回って、陳列が乱れていたらきちんと並べるので、お店の迷惑にはならないと思いますけれど。
もちろん、「今日は、○○を買います。一緒に探して、買って、持って帰るから、一緒に行こうね。」と目的をハッキリさせて一緒にいくのはOKです。



次男が私と同じようにハマッテしまうのも困るし。
厳しいようだけれど、「知的障害者が無目的にウロウロする。」はよくないと思っているから。
親や支援者がいくら「この人は悪意がない。誰かに迷惑をかける人ではない。」と知っていても、他者は知らないわけですから。
ヘンな人が、購入目的ではなくて、商品をただ触っている。。。と思われるのはマズイから。

もし、店員さんに、「何か、お探しでしょうか?」と声をかけられて、ちゃんと答えられなくて、オドオドすると、よけいにマズイですから。


薬剤と一緒に大葉(シソ)の種を買いました。
シソの葉っぱが好きです。
タップリあると嬉しいです。

家に帰って袋の中身を見てみたら、種がいっぱい入っていました。
発芽率を考えても、この種の数は多いわ。
少しでよかったんだけど。。。。
種を購入するのではなくて、もう少し春になるまで待って、苗を購入すれば良かったんじゃん。。。。と、早くも後悔モード。
あああ。

でも、いいの。
もう買ってしまったから。

それに、食用だから薬剤散布はできないし、ワッサワッサとたくさん茂ってもらって、虫が付いた葉っぱは惜しげなく処分するというのがいいかもね。
100円ショップで大きめの鉢買ってきましょ。
じゃなくって、会社のゴミ置き場でなんか探そ。



スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR