FC2ブログ

お出かけメモ-大阪市立自然史博物館

今日のお出かけは、大阪市立自然史博物館

いろいろな場面で次男に負荷をかけて、かなり疲れさせました。
でも、冒険しなくちゃね。
親が一日でも若いうちに、冒険しなくちゃね。。。と思います。

特別展 新説 恐竜の成長 で次男に恐がってもらいました。

次男は、意地を張って、「平気だよ。」という顔をしていましたが、少し恐かったようです。
写真撮影もできるようでした。
おおぜいの来場者でした。
小さいお子さんも多くて、それだけで、次男には少し負担でした。

実物大の恐竜ロボットが大迫力でした。
大きな声で、「いやー!!」と泣いている子もいました。

泣かないでよ。(>_<)
次男くん、泣いている子がきらいです。
次男が、泣いている子のところに「泣かないで。」って、言いにいくとイヤだなぁ。(>_<)

その時は、謝りましょ。

2012-3-11-2-1

2012-3-11-2-2


20012-3-11-2-3


2012-3-11-2-4


触ってもよい展示がありました。
ティラノサウルスの後ろ脚です。
よくできていて、恐竜は本当にこんなふうだったかも。。。。と思いました。


特別展を出ると、お花を積んだ軽トラックの横に数人が並んでいました。
「公園のディスプレーに使っていたお花を先着200名(?)にプレゼント」みたいな企画でした。
配布の時刻まで15分ほどだったので、どんなお花は知りませんでしたが、次男といっしょに並んで待つことにしました。
私達のすぐ後ろに、元気すぎる幼児達とその保護者達が並びました。

にぎやかなキンキン声が響き始めました。

アチャー、まずいです。(>_<)
よりによってすぐ後ろに並ばれてしまいました。

次男はジッーーーと我慢していました。
私はヒヤヒヤ(~_~;)
後ろの一団に向かって、次男が自分の口に指を当てて、「シーーーッ!!」と言うかもしれません。

私達の後ろには、タップリ200人以上が並んでいますよ。
配布時間までキッチリ待たなければなりませんか。
少し早く、お花の苗の配布を始めてほしいですよーーー!!(>_<)
15分間が長い、長い、長い!!!

次男は腕組して、後ろの一団を見ています。
母はドキドキドキ(~_~;)
でも、苗の配布までがんばらせたかったのです。
お花の苗の無料配布に目がくらんだのではなくて、がんばらせたかったのです。
経験させたかったのです。


ああ、やっと、お花の配布が始まりました。
パンジーをいただきました。
ありがとうございました。




常設展示館も見て、植物園にも行ってきました。
とても広い公園で、梅の香り、水仙の香りをタップリ吸い込んできました。
日本水仙は可憐です。
西洋水仙はゴージャスですね。
どちらもよい香りです。

不思議なことに、ちっとも鼻水もクシャミも涙も出ませんでした。
次男が頑張ってくれたのでご褒美かもしれませんね。
ありがとうございました。


2012-3-11-2-5

2012-3-11-2-6


がんばりついでに、帰り道に、ホームセンターに寄って園芸の土を買ってきました。
次男と私で、二人でひとつの袋を左右から持って運びました。
しばらく歩くと、次男が私が持っていた袋の端を自分の手にとりました。
次男はひとりで20リットルの土を持つと言っているのです。
言葉で言えないけれどね。

そして、土の袋をヒョイと肩の上に載せて、手で支えて、サッサッと歩きだしました。
「お母さんといっしょに運んでいたら、時間がかかり過ぎるよ。僕ひとりで運ぶよ。」と言いたかったでしょうね。
私は、次男が持っていたパンジーの苗を受けとって、次男の後ろを歩きました。
次男くん、後ろ姿がかっこいいです。(親バカ!!(>_<))
お尻が偏平ではないです。
プリッとカッコいいです。
働く人のお尻です。



親バカついでに言ってしまうと、「次男くん、使えます!!」
次男は、働くことを嫌がりません。
適所に配置していただいて、適切な指示をいただくと、きっとお役に立ちます。

作業所でも、事務所勤務でも次男の良い所を引きだしていただいたおかげで、次男は、「僕は、働ける」と思っているようです。
たくさんの人達のおかげです。
ありがとうございます。

次男なりに自信を持っていると思います。
だから、手を出して、力を出して、働くのだと思います。
「自分は、働ける。」と思っていなければ、母から荷物をとらないですよ。


自宅に帰ると、出かける前にスタートボタンを押したパン焼き器がムッチリした「牛乳パン」を焼きあげていました。
シャワーを浴びて石鹸の匂いがする次男とカフェオレと牛乳パンをオヤツにいただきました。
良いお出かけが出来ました。




スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR