FC2ブログ

母、寝坊ーーー仕切り直し

母が寝坊しました。


寝坊したけれど、大丈夫の範囲だったのに、ちょっとボーとして時間のロスを出しました。
結果は、次男は定時より10分遅れて出かけました。

母は内心は焦っていましたが、母の失敗で次男をせかせるなんてお門違いだし、焦らせて良いことなんて絶対にないし、せかせませんでした。
出かける時刻を知らせるアラームが鳴っても、「次男くん、だいじょうぶ。」と言いました。

次男は時計を見て、「あらぁ。。。」という顔をしていましたが、タタタタ家事をして身支度をして、花粉症対策のマスクをにバックに入れて、母が連絡帳を記入するのを待って、カッコよくマフラーをして、母にシッカリ顔を見せて「行ってきます!」と言って出かけました。

ビフレスト 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型



次男くん、えらいです。
(親ばかの戯言ですが、)次男くん、えらいです。
ありがたい子です。(泣)




いかん。
母は、ありがたいことに気がゆるんでいます。
気を緩ませることができることはありがたいことです。

が、いけません。
気を引き締めなくては、大きな事故につながるかもしれません。
反省して、仕切り直します。


2012-2-27-1

2012-2-27-2



次男が昨日焼いてくれたピザを温めてお昼ご飯にいただきました。

次男くん、お母さんにも自分と同じ大きさに切り分けてくれます。

おいしいものは、次男に2/3 くらい分けてやって、母は1/3 くらいするのが妥当な分け方だと思いますが、いつも、誰にでもそうしてもらえると次男が誤解してはいけないので、そうしません。

母にとっては、「これは多いなぁ。。」と思った分は取り分けて置きます。
次男は内心は、「食べへんのやったら、くれたらいいのに。。おかんはケチ。」と思っていることでしょう。


いつだったか長男に指摘されて、なるほど。。。と思ってそうしています。

長男、ナカナカ厳しいところを突いてきます。(-_-;)
去年の夏、次男と私が同居した期間に長男が太っていて、それも長男に指摘されました。


「次男、デブったら気持ち悪い。」


親族が感じる以上に世間は感じるわけです。

私の部屋のリフォーム工事で次男のマンションに同居させてもらって、5週間も公園のウォーキングをさせられなかったからでしょうね。
ラジオ体操とストレッチをしていたのですが、運動量が追いつきませんでした。

次男が独立してから公園ウォーキングは土曜と日曜の朝だけの習慣になっていますが、それだけでも大事な習慣なのだと思います。

リフォーム工事が終わってから、次男はスゥーーーと元に戻りました。
ケアマネージャーとヘルパーさん達の生活管理のおかげです。


実家では、土曜日と日曜日の朝の公園ウォーキング、月曜日の朝のラジオ体操に加えて、金曜日、土曜日、日曜日の夜は、次男に、顔、手、足のマッサージをすることにしました。
今のところ継続できています。


知的障害者は外見が大事です。
気を付けてやりたいです。

次男は10年後は34歳です。
気持ちよく関わっていただける中年の(オッサンの)障害者を目指します。


スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

私も寝坊しました・・。笑

母もたまには寝坊しますよね・・。

中2と小5の娘がいますが・・。
今のところ2人とも小学校入学以来無遅刻無欠席なのですが・・。
土日2日間部活があったのに一日だけだと思いこんで起こしもせず・・本人も呑気で・・いつも一緒に行っている友達が来たので慌てておきました・・。笑
何とか間に合いましたが・・驚きました・・。

うちの利用者も、お洒落な方が多いです。
身なりは大切ですね。
私も、もう少し痩せないと思います・・。笑

Re: Re: 私も寝坊しました・・。笑

コメントをありがとうございます。

いや、はずかし。
気を緩めてしまうって、幸運なことだと思います。
でも、はずかし。(>_<)

身なりは大事ですね。
以前に、土日に、次男をデイサービス(地域活動支援センター)に通所させていました。
はじめは、知的障害者だけでしたが、突如、精神障害者がたくさん通所されるようになりました。
ひとり暮らしをされていてヘルパーの支援を受けていました。
髪が汚れでベタベタで服も汚くて体臭が強い人もいました。
 酒臭い、タバコ臭い、靴の後部を踏みつけて、スリッパのように引きずって歩く。。。

障害者だから嫌われる、差別されるのではなくて、暮らし方が他者に不都合が多すぎるからなのだと思います。
他者に全然迷惑をかけていない人はいないのだと思いますが、迷惑が多すぎる、不快すぎるといけないのだと思います。

ということは、本人のガンバりと支援サービスとを組み合わせて、周囲に迷惑や不快感をかけすぎないように、住まい方を工夫すれば、道は拓けるのだ。。。。と思うのです。
厳しいけれど、可能性はあると思います。

そう思うと楽しみです。
現に、次男はいつもルンルンでニコニコで、本当にありがたいです。



> 母もたまには寝坊しますよね・・。
>
> 中2と小5の娘がいますが・・。
> 今のところ2人とも小学校入学以来無遅刻無欠席なのですが・・。
> 土日2日間部活があったのに一日だけだと思いこんで起こしもせず・・本人も呑気で・・いつも一緒に行っている友達が来たので慌てておきました・・。笑
> 何とか間に合いましたが・・驚きました・・。
>
> うちの利用者も、お洒落な方が多いです。
> 身なりは大切ですね。
> 私も、もう少し痩せないと思います・・。笑
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR