FC2ブログ

映画メモ-「フォレスト・ガンプ」

次男がTVの番組表を表示してくれたので、チョイチョイチョイとボタンを押していると、映画「フォレスト・ガンプ」を放送中でした。

「フォレスト・ガンプ」は見たことがあるので、今日は見なかったのですが、ああ、そうだった。。。と思いだしたことがあります。

映画「フォレスト・ガンプ」がロードショー公開されている当時、私に、「映画のフォレスト・ガンプ を見ればいいのよ。」と、なにやら名回答を授けてあげましょう。。。という風情で言った人がありました。
その人は、ご自身のことを福祉や教育に深く関わっていると思っておられるようでした。


「フォレスト・ガンプ」はとても良い映画で、トム・ハンクスもゲイリー・シニーズもサリー・フィールドも好きだけれど、たくさんの人達を、「知的障害」という名称だけでひとつにくくれるものではないので、なにかヒントがあるかもしれないけれど、そういう「わかったような顔」はやめてほしいものだと思いました。

第一に、フォレスト・ガンプは、会話ができるじゃないか。
次男はいくつかの単語を発するのが精いっぱいなのに。
絶望感がヒタヒタと押し寄せた。

24才の次男は、今もフォレスト・ガンプほどは話せないし、聞きとれない。
理解できない。

でも、こんなにも幸運に恵まれて、職場もあって、ニコニコして生活させてもらっている。
幸福の形はいろいろで、可能性の形もいろいろなのだ。

今年もラッキーでした。
来年もラッキーであってほしい。



あらすじ - フォレスト・ガンプ 一期一会

アラバマ州グリンボウで、幼い日のフォレスト・ガンプ(少年時代/マイケル・C・ハンフリーズ)は、母(サリー・フィールド)の女手一つで育てられた。母親は息子のIQが人並みに至らないと告げられた時も、背骨が曲がっていることがわかった時も少しも動ぜずに普通の子供として育てた。小学校に入ったが、友達は最初の登校日にスクールバスで席を譲ってくれた美しく優しい少女、ジェニー(少女時代/ハンナ・R・ホール)だけだった。ある日、同級生たちにいじめられたフォレストは、ジェニーの「走って!」という声で猛然と駆け出し、どこまでも走り続けた。その駿足が買われ、数年後、フォレスト(トム・ハンクス)はアメリカン・フットボールの選手として大学に入学。ついに全米代表選手に選ばれ、ケネディ大統領から激励される。ジェニー(ロビン・ライト)は彼の存在が邪魔になる時もあったが、なぜか憎みきれず、ある雨の降りしきる夜、すぶ濡れの彼を女子大の寮にこっそり招き入れ、裸の胸にそっと抱いた。大学を中退したジェニーはヌード劇場で歌っていたが、会いに来たフォレストの前から去る。5年後、彼はベトナム戦争に出征する。従順なフォレストは過酷な状況下でも言われるままに行軍する。戦局は日々悪化し、彼の小隊はジャングルで敵の一斉攻撃を受ける。激しい銃声を背にフォレストは走ったが、あまりに走りすぎたため隊を見失う。彼はジャングルに戻り、傷ついて倒れた仲間たちを安全な場所に運び出す。親友のババ(ミケル・T・ウィリアムソン)と尊敬するダン小隊長(ゲイリー・シニーズ)も助けるが、ババは彼の腕の中で息絶えた。両足を失ったダンは、なまじ命を救われたことを恨み、彼をなじった。フォレストが首都ワシントンで大統領から栄誉勲章を送られた日、首都では平和大集会が開かれていた。見物に行った彼がいつのまにかステージでスピーチをさせられた時、何十万人もの観衆の中からジェニーが飛び出し、フォレストは駆け寄って抱き合う。だが、反戦運動にのめり込みヒッピー生活を送っていたジェニー(ロビン・ライト)は彼の一途な愛を受け入れることなく、同志たちと去って行った。尻のケガの治療中に病院で卓球を覚えた彼はたちまち腕を上げ、中国で開かれた世界選手権大会に出場。ジョン・レノンとテレビで共演するなど、たちまち有名人となったフォレストは、エビ漁船を買う。それは亡きババとの約束だった。フォレストは、すっかりすさんだ生活を送っていたダンを呼び寄せ、海に繰り出す。最初は全くダメだったエビもやがて大漁となり、2人は大金持ちとなる。ダンも、今では彼のお蔭で生き延びたことを感謝していた。母の死をきっかけに故郷に帰ったフォレストの前にジェニーが現れたが、彼女は彼の愛を受け入れた翌朝、また1人で去って行った。残されたフォレストはある日、やみくもに駆け出し、それから3年余り走り続けた。いつしか彼の行動は神格化され、またもや彼は時代のヒーローとなっていた。走り終えた彼の元に届いた手紙を読んで、フォレストはジェニーの家を訪ねる。そこにはフォレストの息子がおり、彼女は父親と同じフォレストと名付けていた。エイズで死期が近づいたのを知った彼女は、やっと探していたものが何だったのかに気づき、2人は結婚する。やがて彼女は世を去り、フォレストはかつて母親がそうしたように息子を育て、学校に通うのを見送るのだった。
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR