FC2ブログ

大きくなったら可愛くないよね。
次男とウォーキングに行く道すがらに、鉢から引き抜いた状態で打ち捨ててある植物を見つけました。

あら、可哀そう。。。と思いました。

大きくなって飽きてしまったのでしょうか。
大きくなると、可愛くないよね。。。という姿の植物ではあります。。。

大きな公園や河川敷があるので、ちょっと穴を掘って埋めてやればいいのに。。と思いました。(本当は、かってにそういうことをしてはいけないのかも。。ですが。)



大きくなったら可愛くないよね。。。。。。
私の中で何かとリンクすることです。



障害児は、大きくなったら可愛くないよね。


そ、そうなんです。
でも、次男は大きくなってしまいました。
歳もとってしまいました。


妖精ではないのでみんな大きくなるのです。
それでも生きていかなくてはなりません。
身体が大きくなっても、歳をとっても、障害者であっても生きていかねばなりません。


24才の知的障害者である次男の日常は、期待以上の幸運に満ちています。
ありがたいです。
34才の次男にも同様の幸運が与えられるでしょうか。


なにをどうしたら次男のこれからの人生が成熟していくことが可能なのか。
私の頭の中にはいつもソレがあります。



次男が障害者であることは一目瞭然です。
次男が大事にされていることも一目瞭然であってほしいです。
次男が万全の支援体制、支援者に支えられていることも一目瞭然であってほしいです。


次男と初めてあった人が、「この人は大事にされている。」と感じる次男であってほしいです。
たぶん今は、そうだと思います。
10年後も、20年後もそうであってほしいです。


次男と同じタイプで、好ましい中年期を迎えている自閉症で知的障害者である人にまだ出会ったことがないです。
きっとどこかにおられるはずなのですが。






打ち捨てられた植物には、子株がたくさん付いていたので、小さいのをちぎってもらって来ました。

で、コレができました。




とても小さい芽があって、全部で6芽です。


なんていう植物か知らないけど。
アロエかな。

冬だし、枯れてしまうかも。
でも、ま、しばらくウチに居てください。




実家の父が庭にあった藤の木を掘り起こしたことがありました。
藤の根はとても屈強で、家の土台近くまで伸びてきました。
実家は、安普請の建売住宅ですから、基礎部分もそれなりなのです。
藤の根に負けてしまうかも。。。と心配になったそうです。


で、藤の木を根っこから掘り起こしてしまいました。
毎年綺麗な花を咲かせていた藤にとっては可哀そうなことです。
なんとかしてやらなくちゃ。。。とみんなに言われて、父は近くの公園の隅っこに穴を掘って藤を植え替えてやりました。(本当は、かってにそういうことをしてはいけないのかも。。ですが。)

新天地を得た藤は、それはそれは立派な花房をつけるようになりました。
毎年の初夏に綺麗な花を咲かせています。
公園を訪れた人が写真を撮るくらいに綺麗です。


ペットも、植物も、粗末にしてはいけないですよね。
粗末にすると、罰が当たりそうですよね。
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR