FC2ブログ

もっとどようくらぶ-銀閣寺-哲学の道へ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、きげんよく出かけて、きげんよく帰ってきました。

今日は、「もっとどようくらぶ」です。
「秋の京都を満喫、銀閣寺から哲学の道を歩こう!」です。


いいなぁ。。
お母さんもいっしょに行きたいくらいでした。



でも、次男くんは、お友達とリーダーさんと行くのがいいのですよね。


「もっとどようくらぶ」には、何歳まで参加させてもらえるかしら。。。
集合場所に様子を見に行きます。
参加者やリーダーさんの様子を観察しています。
あと10年は行かせてもらえるかな。

次男の人生は普通くらいに長いので、成人してから50年以上あると思われます。
余暇の過ごし方だけではないくて、生活そのものが心配です。
老人になって、働く場所がなくなってからは。。。とか、考えると終わりがありません。


母は、「もっとどようくらぶ」の集合場所を後にして、寒くなってきたので、靴下屋さんであたたかい靴下を探して、安価で温かいものを見つけて、シメシメ気分になりました。
額縁屋さんや家具屋さんで目の保養をさせてもらいました。(ヒヤカシとも言う)
こんなにのんびりさせていただいて、ありがたいです。


次男くん、夜の8時前から居眠りしています。
TVを見ながら、ホットカーペットと掛け布団と肩掛けで完全防御していますから風邪をひくことはないでしょうけど。

次男くん、明日は映画に行くのはやめて、投票だけは行って、後はお家でパウンドケーキを焼きましょうね。


--------




「もっとどようくらぶ」に出かける日は、朝のウォーキングはやめてラジオ体操にします。
それでも、掃除も洗濯も朝食作りもしてから出かけます。
今朝の卵焼きは焦げてしまいましたけれど、どうってことはありませんわ。
(^-^)










次男くんに苗を挿してもらったリースは元気です。
バラも咲いています。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:もっとどようくらぶ-銀閣寺-哲学の道へ(11/26)

秋の京都はいいですね。

命の洗濯ができそうな、貴重な時間でしょうね。(^。^)y-~

Re[1]:もっとどようくらぶ-銀閣寺-哲学の道へ(11/26)

harmonica.さん

親と行くのではなくて、リーダーさん「もっとどようくらぶ」のお友達といっしょにいくのが良いのだと思います。
お店に入ってお昼ごはんを注文したり、ソフトクリームを買って食べながら歩いたり。。。と楽しめたようです。


>秋の京都はいいですね。

>命の洗濯ができそうな、貴重な時間でしょうね。(^。^)y-~
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR