FC2ブログ

クリンもだん美術教室特別授業 「障害児と生きる日常(58952)」

今日も、今日とて、サプライズ

今日の午前中、私は仕事にいって、途中帰宅して昼食を作り、次男をクリンもだん美術教室特別授業に送り出すことに決めていた。

長男には私が帰宅するまで次男を”見張って”いるように頼んだ。
長男には何かと制約を与えることになってしまってすまないと思っている。
でもそうしなければ私達家族は成り立たない。

昼食は何が良いだろう、そうだ、マックにしよう。
ビックマックがいいかな。
喜ぶだろな。

息せき切って自宅のマンションのドアを開けてすぐわかった。

次男の靴がない!!

「お兄ちゃん!!次男くんは!?」

「ごめん。出かけた。。」

あれだけ頼んだのに!!

私は自分の被っていた綿製の帽子を掴み取って廊下に叩きつけた。
ヘチョ  とマヌケな音がした。

「ごめんなさい。」21歳の青年が小さくなった。

しまった。また長男を傷つけた。

フォローしなくては。。。。
いや、今は次男がどこにいるのか確かめることが先だ。
次男の部屋を見回して、、、、、、
携帯電話がない。持って行っているようだ。
焦りながら私の携帯電話から次男の携帯電話にかける。

「はい。お母さんです。」いつもの次男の声。
人がたくさんいる場所にいるらしい。

「次男くん、どこにいるの?」

「鶴橋」

「次男くん、帰っておいで。お母さん、ビックマックセットを買ってきたのよ。
次男くんはまだお昼ご飯をたべていないでしょう。
だから、帰っておいで。」

「。。。。。。」

あ、電話かぁ?出てあげよ。 あ、”お母さん”って出てるわ。

!?

あ、こんにちは、次男君ね、早くから来てはって、待ってはって。それを教会の人が見つけてくれはって、教室を開けてくれはったんですよ。

あ、あの、クリンもだん美術教室ですか?

そうです。

すいません。早く出かけてしまって、

ああ、いいですよ。

すいません。お昼ご飯も食べさせてないんです。
お昼ご飯を食べさせてやっていただけないでしょうか。

ああ、はい、はい。スタッフといっしょに食べてもらいますから。

すいません。お手数をかけてすいません。

次男の居所を確認して昼食もご馳走していただけることになって  

ほっ 

その様子に聞き耳を立てていた長男も ほっ

長男と少し話して、いっしょにハンバーガーを食べて、コーラを飲んで、フォローになったかどうかわからないけれど、なんとなく事態は修復できたような感じ。


廊下に叩きつけたままだった帽子を拾って被り直して仕事に戻った。

私達の毎日って、まったく、まったく、ヤレヤレの連続だわ。

仕事が終わって帰宅して、
ゴーゴー眠っている次男を発見。
そりゃ、冒険しましたものね。
教室が開いていなくて、誰もいなくて、ビックリしたでしょう。
スタッフの皆さんとお昼ご飯を食べて、楽しかったでしょう。
美味しかったでしょう。
今日も無事でしたね、次男君。

今日の作品


これはナニ??

「人形」ですって。
そう言われれば、そう見えなくもないけれど~~~~ܤ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

よかった~お疲れ様^^

読んでいてドキドキしてしまいました。
一件落着でよかったね^^ 
綱渡りのような日々。 一緒に安堵してくれる長男さんがいてくれてよかったですね。
私も姫がいてくれて よかったと思います^^  

Re:よかった~お疲れ様^^(07/30)

nori309さん
>綱渡りのような日々。 一緒に安堵してくれる長男さんがいてくれてよかったですね。
>私も姫がいてくれて よかったと思います^^  
-----
いつか、退屈なくらいに平穏な日々を送りたいものですわ。そしたら途端に呆けるかもね。ワハハ

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR