FC2ブログ

クリスマスピック作り 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、気が早いです。
美術教室でクリスマスピックを作り始めたそうです。

「長くつ」と「星」だそうです。


着色したら、それらしくなるでしょう。(^-^)



次男くん、ルンルンの様子です。
ちょっと、メルヘンです。(ちょっと、形容しがたいです。)





次男を教室においていく時に、先生に次男が電動糸ノコを使えることを伝えました。
先生の笑顔の下には、「知的障害者に糸ノコを使わせることについての躊躇と心配」があったと思います。

授業の後で、教室に迎えにいくと、先生が、「糸ノコを使った経験があることがよくわかりました。」と言われました。



(^-^)
経験は宝です。
特別に上手でなくても、臆せず使えることは大事なことです。
それだけ、人に関わっていただくチャンスが増えると思うのです。


「おしゃべりは出来なくても、目で見て学ぶ、考える姿勢」を次男は身につけています。
上手か、下手かは別にして、意欲的に取り組みます。

保育所、小学校、中学校、高校の各時代の先生方のお陰です。
高校からは養護学校(現:特別支援学校高等部)に進学させていただいてとてもよかったと思っています。

次男は、自分が知的障害者であることを知っています。
それでも尚、自分に自信をもっていると思います。
自分は大切にされるべき人だと思っていると思います。

そう思ってほしいです。
どんな失敗をすることがあっても、「大事な子」であることはかわりません。



*************************
教室は、来週はお休み。(次男は別のプログラムで外出します。)
来々週は、美術教室の生徒さんの二人展(高校1年生、小学6年生)を見学します。
どんなかなぁ。。。(^.^)
楽しみです。

いろいろな場面にコソッと混ぜていただいて、刺激を吸収したいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

次男は、自分が知的障害者であることを知っています

次男君は、いつ頃よりそう感じる様になったのでしょう?

TKは、小学校3・4年生くらいから同級生を極端に
避ける様になった気がします。。

その頃に、自分が人とは違う!?って気づいた様に
感じます。。

Re:クリスマスピック作り(10/22)

楽しい年末は、毎年ルンルンですね。♪ヽ(´▽`)/

Re:次男は、自分が知的障害者であることを知っています(10/22)

superio☆彡cityさん


自分が異質であると感じたのは、幼児のころだと思います。
異質であることを残念なことのように感じてほしくない。。と思ってきました。


>次男君は、いつ頃よりそう感じる様になったのでしょう?

>TKは、小学校3・4年生くらいから同級生を極端に
>避ける様になった気がします。。

>その頃に、自分が人とは違う!?って気づいた様に
>感じます。。
-----

Re[1]:クリスマスピック作り(10/22)

milkyway.さん

行事。。。は学齢期が終わると印象が弱くなるように思いますが、まったくないのも淋しいように感じますよね。


>楽しい年末は、毎年ルンルンですね。♪ヽ(´▽`)/
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR