FC2ブログ

出会い、才能の発見 「障害児の親として(10946)」

以前に次男がお世話になっていた美術教室に作品の残りを引き取りに行ってきました。
たくさんの画用紙を紐で縛って宅配便の着払いで発送していただけるようにしてきました。


受講者数は少なくなっていますが、新講師のもと、教室は維持されています。
今、お世話になっている受講者は、とてもお得だと思います。


新講師のキム先生が、ユーキくんの才能を発見されていました。
ユーキくんにこんな才能があったとは。。。
マジマジとユーキくんの作品を拝見しました。


私:「キム先生、いつ、気づかれましたか。」

先生:「最初の日です。」


人と人の出会いは不思議です。
前任の講師が2,3人の受講生を残して、ほとんどの受講生を引きぬいて新美術教室を設立しなければ、ユーキくんとキム先生は出会わなかったかもしれません。
キム先生は他の曜日のクラスを担当されていたのですから。

否、もとい、キム先生はプロの作家ですが、まだ、前任の講師が土曜日の教室を担当している頃からボランティアとして土曜日の美術教室を助けておられたのでした。

前任者がいなくなってキム先生はユーキくんの「指導」ができたのでした。
まさに天の采配です。
私は、クリスチャンではないけれど、神はおられる。。。と思った。
なんと、神はイジワルであられることか。

なんと粋なことをされるのか。

きっと、すべては、この出会い為に計画されたことだったのだ。




ユーキくん、あなたはとんでもなく得したんだよ。
あなたも、あなたの保護者もまだ気がついていないだろうけれど、あなたの付き添いのヘルパーさんも全く気付いた様子はないけれど、(もうちょっと、なんとかならんか、貴女。)あなたの「窓」が開くかもしれないよ。

次男と私は、クリンもだん美術教室と縁が切れてしまったけれど、キム先生とユーキくんのこれからに注目したい。

どんな言葉が適切なのかわからないけれど、これは、面白いことになった。



「窓」が開いたら、本人もあら!?となにか気づくかもしれない。
周囲の人達は、え!?ユーキくん、こんな才能があったの!? と驚くだろう。
ユーキくんを見る目が違ってくるだろう。

でも、それで、TVの取材が来て、収入になって。。。と飛躍するのはちょっとヘン。

世の中は、大勢の知的障害者アーティストを求めているわけではない。
どんな分野であれ「すばらしい!!」と感じる作品や仕事があって、たまたま作者が障害を持っていたか、持っていなかったか。。。なのだ。
わざわざ、「芸術家の健常者枠」「芸術家の障害者枠」があるわけではない。




絵も音楽も一生の趣味になったら大収穫。
健康な知的障害者の一生は長い。
親亡き後も寿命がある。
なにか趣味があれば、本人の慰めになるかもしれない。
趣味がツールになって周囲の人達から関わりを持ってもらい易いかもしれない。

親が生きているのに、親亡き後を心配するなんて。。。と眉を寄せる人もいる。
まぁ、人の感じ方はそれぞれだけど。

知的障害のない人だって、中高年になってから生活習慣を変更するのは困難なのだから、知的障害があれば、自閉症であれば、青年期には生活の基盤を作っておくのが当然だと思うのだ。



次男くんは、今の教室が気に入っているので、このまま続けさせていただけるところまで通わせていただく予定です。
外部の環境(知的障害のない、知的障害者と関わりのない人達と同じ空間にいること)は、ナカナカ刺激的です。

これから先、支障があるか、ないか、わかりませんが、刺激を吸収できたらラッキーです。
冒険できる時は、冒険してみるべきだと考えています。

キム先生にもそう申し上げました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:出会い、才能の発見(09/24)

一つの時代の受け継ぎかもしれませんね。

途切れては、また築かれるご縁。

それは、計り知れない確率ですね。^^

Re[1]:出会い、才能の発見(09/24)

milkyway.さん

神様はいるかも。。。と思いました。
ありがたいことです。
ユーキくんの花が咲いてほしいです。

>一つの時代の受け継ぎかもしれませんね。

>途切れては、また築かれるご縁。

>それは、計り知れない確率ですね。^^
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR