FC2ブログ

青年教室(仲間つくり教室)-音楽 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

午後1:00-3:00は、大阪養護教育振興会青年教室(仲間つくり教室)に参加させていただきました。
市内の特別支援学校の卒業生に受講案内が届きます。
申し込むと毎月1回の教室を受講できます。
今日のプログラムは「音楽」でした。

今日は、市民学習センターの「スタジオ」を会場にしていました。

先生から「秋のイメージは?」とお話があって、受講生は口々に「秋は私の誕生日!!」とか「ブドウ」「きのこ」とか答えていたようです。

私は、次男が席に着いたのを見届けて、次男に小さく手を振ってスタジオを出ました。

音楽は、次男は、「ひとりでかってに歌うのは好きだけど、いっしょに歌うのは苦手」という微妙な感覚がありますから、母が見ているとイヤかな。。。と思ってスタジオに残りませんでした

施設内を一周してきたら、養護教育振興会の先生とバッタリと出くわしました。

「見学していいですよ。壁際に椅子を並べてあります。お母さん方、数人が見学しておられます。」と言っていただいて、思いなおして、見学させていただくことにしました。

受講生達は、秋のイメージに合った歌を数曲歌い終わった後でした。

その後、手拍子でリズム打ち、輪唱と続きました。

ピアノ伴奏つきですからぜいたくな講座ですね。










 

休憩をはさんで、バルーン、椅子取りゲームと続きました。






椅子取りゲームの一等賞になったのは、ダウン症の女性で、ご褒美は、「一番好きな人と握手。」だったのですが、ハグしてました。

相手の男性もダウン症で、いつも感じることですが、彼らのストレートな感情表現はうらやましく感じます。

知的障害のある自閉症よりも、知的障害のあるダウン症の方が生き易いかも。。。。と思います。

でも、それはやっぱり個人差があることで、ストレート過ぎてものすごい頑固さを発揮して生活しにくい人もいますし、それより何より健康上に大きな問題を抱えている人もいます。

次男の障害の特徴、重さは次男の「代え難い運命」ですから、このままの次男で勝負していくしかないですね。

















椅子取りゲームで、同じ椅子を二人で取りあって、お互いに譲り合っているという光景がたびたびありました。

目があって譲り合っているのでした。

個人差もあり、育った環境の差もあるのでしょうが、そういう様子が可愛らしくもあり、生きにくさでもあるのだな。。。と思って見ていました。

----------

軽い知的障害のある人の中には、普通にきれいな女性もいます。

知的障害のある男性であっても、美醜の基準は一定のようで、別のクラスからも男性が「○○○子ちゃん。」と彼女の名を呼んで彼女に声をかけるためにやってきます。

女性は美人である方が得です。

でも、知的障害がある場合は、本人もその家族も「知的障害があるのだ。」という自覚と覚悟が本人を守るために必要だと思います。

きちんと特別支援学校に進学して、卒業して、職場には彼女に知的障害があるという条件で受け入れていただいているのでしょう。

顔立ちがよくて、知的障害の程度が軽ければ、普通の偏差値の低い高校にまぎれて進学できないこともなかった。。。と思われますが、ご両親が賢明でいらしたのだろう。。。と想像しています。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR