FC2ブログ

魔法の石鹸、魔法の石 「障害児と生きる日常(58952)」

連休明けにもかかわらず、次男は”仕事を頑張っていた”と連絡帳にあり。

次男くん、君は偉いなぁ。

おかあさんもがんばるよ。å



次男は”魔法”という言葉に弱い。

今夏は、次男のニキビ対策に石鹸で顔を洗わせようと思い立った。

もちろん、毎朝、毎晩だけに関わらず次男は顔を洗っているが、石鹸をつけて洗うのがチョット苦手。
石鹸をつけて洗ったら、その石鹸をきれいに洗い流さなくっちゃいけないしね。
ちょっと面倒よね。

そこで”魔法”という言葉を使った。
”魔法の石鹸”だよ  と言って見せた。
それだけでもチョット嬉しそうな顔。
”この子、可愛いなぁ”と思う。
”魔法の石鹸で顔を洗うといいことがあるよぉ”と言っておいた。

洗顔用のスポンジもプレゼントして、それに水分を含ませて、石鹸をこすってから顔を鏡で見ながら洗うように指示すると、ケッコウ気に入ってくれた。
白い泡をアゴのあたりにつけて、”サンタクロース”という。

さぁ、ここからが問題。

”きれいに石鹸がおちるまで洗ってね”では次男には曖昧すぎる表現になるのだ。
仕方がないから、”両手で水をすくって10回洗ってね。」というとこれまたハマッタ様子。

本当に10回、洗っている。数えているらしい。
いかにも”自閉症的”だけれど、うまくいった。
きれいになればOKだもんね。

次男くん、スッキリ、ピカピカですなぁ。

イマドキの青年は女性と同じく油とり紙で顔の脂を取っているのだから、次男くんも気をつけなくっちゃね。
脂ぎった顔は嫌われるらしい。(誰に??)

磨き上げるようにして育ててきた。
体も顔つきもだんだん大人になっていくわけだから、今まで以上にピカピカであってほしい。
清潔感のある人であってほしい。
そうでないと、次男の世界が狭くなってしまう気がする。

次男がたとえどんなに可愛い男の子であったとしても、確実に”オッサン”になり、やがて”おじいさん”になる。
次男がいくつになっても、人から気持ちよくこの人の援助がしたいと思ってもらえる人であってほしい。
以前に老人介護の仕事をしていたときにそう思った。

認知症が進んでも尚おだやかな人、とんでもなく攻撃的な人、性的な執着をむき出しにする人、意識的にあらゆる物を盗む人。
次男はどんな老人になるだろうか。

次男は、魔法の石(ゲルマニウム鉱石)も気に入っている。
入浴する時は、体を洗った後、魔法の石といっしょに腰湯につかってたくさん汗を出しているからだろうか、あまり体臭がないように思う。

まぁ、次男くん。きれいなお肌だわ。å
お母さんうらやましいわ。 
お母さんももう少し自分を磨かなくっちゃね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:魔法の石鹸、魔法の石(07/18)

私、そんな風に言わず、顔洗うよ、とか、ご飯食べるよだけ言ってます。
可愛いね、とか、かっこいいとか、勿論、魔法の、なんて・・。
やっぱり何か一言が必要ですね。
次男君の肌に、負けないように頑張って磨いてくださいね。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR