FC2ブログ

映画メモ-「100歳の少年と12通の手紙」 「障害児の親として(10946)」

「100歳の少年と12通の手紙」


日本での公開は、2010年11月6日

原題: OSCAR ET LA DAME ROSE/OSCAR AND THE LADY IN PINK
製作年度: 2009年




あらすじ:10歳の少年オスカー(アミール)は白血病を患い、小児病棟に入院している。ある日、病院内で彼と偶然出会った口の悪い宅配ピザの女主人ローズ(ミシェル・ラロック)は、少年たっての希望により、大晦日までの12日間、ピザの宅配を条件に毎日オスカーを訪ねる約束を病院長(マックス・フォン・シドー)と取り交わす。余命宣告をされたオスカーに対し、腫れものに触るような周囲の大人たちの態度とは対照的に、ごく普通に彼と接するローズ。そして彼女は、残された時間の少ないオスカーに、1日を10年間と考え日々を過ごすこと、また毎日神様に宛てて手紙を書くことを教える。初めての恋、結婚、試練、最愛の妻との別離……その日からオスカーは、病院の中で1日ごとに10年分の人生を体験していく……。

幼い少年が亡くなるのは悲しい。
しかし、ただ、ただ、悲しいだけの救いのない話なら、多くの人から高い評価はないはずだ。。。。と思って見てみました。

見てよかったです。



ローズが、「私達が席をはずした間に。。。」と絶句すると、
医師が、「本当は、彼があなた方を見守っていたのです。」と言った。

その通り!!

”ああ、そうか。”と胸にガツン!!と来ます。

時々、現れる造形が、「パコと魔法の絵本」ぽいです。
私は大好き。

 

鋭いセリフが何カ所もあります。

少年:「先生達は、僕がキライ。」

ローズ:「なぜ?」

少年:「僕が悪い患者だから。僕を見ていると、医学が偉大だと思えないから。」

 

医学」のところを、いろいろなリハビリ法に読みかえても意味が通ると思います。

------------

少年:「パパもママも僕が恐い。」

ローズ:「君を怖がっているのではなくて、病気が怖いのよ。」

少年:「病気は僕の一部。パパとママは、健康な僕じゃないと愛せない?」

 

「健康な」を、 「障害の無い」に読みかえても意味が通ると思います。

---------------------

病児の療育は大変につらいものだろう。

命にかかわることはなくても、障害児の療育も、ラクだと言えない。

もしも、子を授かる前に、神か仏に、「健康で障害のない子、健康ではない子、健康ではあるが障害のある子、そのうち誰を選ぶか。」と問われていたら、私はきっと「健康で障害のない子」を選んだだろう。

でも、生まれてきたら、全力を尽くすのみ。

それしか道はない。

子も親も、強くなくてはならない。

 

☆ダウン症の少女が入院患者のひとりとして出演しています。
難病の子ども病院が少年の生活の場所ですからダウン症の子も居て当然ですよね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR