FC2ブログ

ケアホーム、グループホーム 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

通勤のバスで自閉症オーラ全開の青年の近くに座りました。

彼は、おしゃべりする能力は、次男よりもはるかに高いのだけれど、毎日の生活はちょっと大変かな。。。誰にでも遠慮なさ過ぎで話しかけてしまうというタイプ。

彼のお母さんが少し離れて座っておられて、気がつくと、「知的障害者の母オーラ」を放つ女性たちが多数同乗されていました。

障害者本人と同行しているお母さんはひとりだけでした。

 

私が先に下車してしまうので、どこにあるのか知りませんが、福祉作業所がバスの運行コースの先にあるようです。

お母さん達の会話を聞いていました。

オバチャン達は声が大きいので、普通に居合わせると、聞こえるのでした。

ひとりのお母さんが、「今日は、なんで行くのだった?なんの用事だったっけ?」とユーモラスなことを言われました。

「今日は、ケアホームの件よ。」と70歳代かと思われるお母さんが答えられました。

「そう、そう。」幾人ものお母さん達が、同時にうなずかれました。

ユーモラスなことを言われたお母さん以外のお母さん達は、期待と不安が顔に現れていました。

一大事ですよね。

 

以前に、社会福祉協議会の企画で、グループホームの見学会がありました。

グループホームを運営しているのは、多人数の作業所を運営されているNPOで、3軒目くらいのグループホームだったと思います。

各入所者の負担は、毎月66000円だと聞きました。

「本当に、それで経営していけるのか。」と重ねて訊きましたら、社会福祉協議会の職員さんが、”グループホームは、作業所と抱き合わせだと可能。”と教えてくれました。

なるほど。。。と思いました。

学齢期を終えて、進路に作業所を考える場合は、親亡き後を考えて、将来において、グループホームの設立の可能性があるか。。。。とまで考えておかれるとよいかもしれません。

グループホームができても、障害のある人も、障害のない人も、共同生活に向いている、向いてない人がいるので、”グループホームさえ出来ればOK!”というわけでもないようです。

今朝、バスに乗り合わせたお母さん達のお子さん達がお世話になるケアホームも、開所までたどり着いてほしいです。

私は、ケアホーム、グループホームの違いがわかりません。

単に、名称がちがうだけでしょうか。

提供するサービスに違いがあるのでしょうか。

次男は今の生活の仕方が一番良いと思います。

それでも、ヘルパーさんたち、ケアマネージャーさんは、社会状況が変化して、次男が共同生活をしなくてはならなくなったときも大丈夫なように、「次男を育てていこう。」と決めてくださっています。

ありがたいです。

社会状況は変化します。

親は子よりも先に死にます。

それでも、なんとか、生活が成り立ってほしい。。

出来れば清潔で明るい生活をしてほしい。。。。。と思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

分かりにくいですね。

ちょっと調べたところによると、どうも対象の方の介護度の違いのようです。

それぞれのホームへ入る額が違うようです。

障害者自立支援法の介護付きのサービスを利用する時、障害程度区分(軽いほうから『非該当』、区分1~6)という7段階のコンピューター判定を受けます。

ケアホームは、区分2~6、グループホームは、『非該当』と区分1の人が入居します。

細々とした事情があるようですが。^^


Re:分かりにくいですね。(09/08)

milkyway.さん

調べてくださってありがとうございます。
次男は区分で当てはめるとケアホームです。
次男は、今の生活のスタイルがベストだと思います。
なんとか、このスタイルを維持させていただきたいです。
幸運が続いてほしいです。

>ちょっと調べたところによると、どうも対象の方の介護度の違いのようです。

>それぞれのホームへ入る額が違うようです。

>障害者自立支援法の介護付きのサービスを利用する時、障害程度区分(軽いほうから『非該当』、区分1~6)という7段階のコンピューター判定を受けます。

>ケアホームは、区分2~6、グループホームは、『非該当』と区分1の人が入居します。

>細々とした事情があるようですが。^^
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR