FC2ブログ

映画メモー「恋する宇宙」 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

WOWOWで9/15(木)20:10 放送。

 

アスペルガー症候群の青年が主人公の映画です。

アスペルガー症候群の認知度が、日本よりも高いのかもしれません。

アスペルガー症候群の説明のための映画ではなくて、人を想うことの難しさ、大切さ。。。みたいなことを描いている映画なのでしょう。

 

 

キャッチコピーは、

サンダンス映画祭をはじめ数々の映画祭で大絶賛!
ハッとするほど切ない純度100%のラブストーリー!
この惑星(ほし)は誰かを想うことで回りだす

<ストーリー>
アスペルガー症候群で、生まれてからずっとこの街で暮らしているアダムは、人づきあいが苦手な天体オタク。彼はアパートの上の階に越してきた童話作家のベスと恋に落ちる。

恋人同士になった二人だったが、空気の読めないアダムはどこに行っても天体の話ばかり。そんな自己中心的なアダムとの付き合いを彼女の両親は反対するが、ベスは彼と離れようとはしなかった。

そんな中、憧れていた天文台の仕事がカリフォルニアで決まるアダム。

この街を出ていくことに心細さを感じていた彼は「一緒に来て欲しい」とベスに頼むが、彼女はある想いを胸に秘めていた......。


● サンダンス映画祭アルフレッド・P・スローン賞受賞をはじめ、各国の映画祭で観客が熱狂!
●天体オタクの男と心に傷を持つ童話作家の女が織りなす
あまりにも切なすぎるラブストーリー!

 

「恋する宇宙」2009年【米】99分劇場未公開
監督・脚本:マックス・メイヤー
出演:ヒュー・ダンシー(アダム)

ローズ・バーン(ベス)

フランキー・フェイソン(ハーラン)

エイミー・アーヴィング(レベッカ)

----------------------------------

2011/9/19 記

良い映画でした。

お勧めです。

あえて、ちょっとズレた感想を述べますと、

アスペルガー症候群であれ、なんであれ、好ましく見えないとなにも始まりません。

清潔な身なりは大切です。

主人公と同じくらいにチャーミングであっても、誠実であっても、知識が豊富であっても、汚らしく暮らしていては、なんのチャンスもなかったことでしょう。

映画「スターウォーズ」にでてくる「ジャバ・ザ・ハット」や「リング」の「貞子」のようであってはなんのチャンスもありません。

次男が少しでも好ましく見えるようにはどうしたらいいか。。。。とずっと考えています。

これからもそうしたいです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR