FC2ブログ

将棋ープリント1 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男に、「相手の駒を取る。」というイメージが掴めるか。。。

繰り返していくしかないですね。

持ち駒は、「金」

どこへ「金」を置けば、「玉」は行き場を失うか。

クリックすると元のサイズで表示します

玉の移動出来る範囲は、

クリックすると元のサイズで表示します

と金(成り金)の移動出来る範囲は、

クリックすると元のサイズで表示します

「両者の駒の移動できる範囲が重なっている部分に持ち駒を置く。」

そういう箇所は3箇所あって、どこが正解か、1箇所づつ検証して答えを探しています。

答えは真ん中。

 

クリックすると元のサイズで表示します

 

「真ん中」に「金」を置くと、「玉」が「金」を取っても、「成金」で「玉」を取って勝ち(詰み)

「玉」が逃げても、「玉」の逃げる範囲はすべて「成金」が移動できる範囲であるので勝ち(詰み)

私流の解釈です。

こういう考え方でよいのか。。。と問うとOK! という返事でした。

 

では、こういう問題をたくさん作ってください。。。。と、「次男くんに将棋を教えましょう。」と言ってくださった指導員さん、デイサービスの利用者さん達(精神障害)にお願いしました。

私が勉強しながら次男に教えようとするので、効率が悪いです。(-_-;)

 

将棋は、オセロと違って、それぞれの駒の動き方が違います。

相手陣地に入ると駒が進化して(成る)本来の駒の動きよりも広い範囲を動くことができます。

こういうルールが変化するゲームを、次男に「教えましょう。」と言った人達が、真剣に次男の認知能力の高さ、低さ、に考えを馳せてから「次男くんに将棋を教えましょう。」と言ったとは思っていません。

思っていませんが、私はこの企画に乗りました。

私が乗った以上は、笑い話では、冗談では終わらせません。

結果がどうであれ、一緒に苦しんでいただきます。

ほんの、2,3ヶ月間、申し訳程度に取り組んで、「いやぁ。。やっぱり知的障害者に将棋を教えるのは無理ですね。」と、簡単に言ったら、私は許さない。

机を蹴り上げて暴れます。

どんなに短くても1年間は取り組んでいただきます。

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:将棋ープリント1(07/26)

手厚いご指導に感服です。

次男は、小学校時に将棋道場に通い詰めていたけど、私も全くできません。

勉強になります。^^

Re[1]:将棋ープリント1(07/26)

milkyway.さん

私の自己流です。
「知的障害者に将棋を教える」ということは、一体どんな工夫をしなくてはならないか。。。。と、考えてほしいのですが。。。。

こういう風に繰り返して教えてみようと思うのですが。。。。
と提案するのは私なのです。

。。。。。。。。。。。将棋を理解している人がしてくれるべき。「教えましょう」と言った人がしてくれるべき。。。と思います。


>手厚いご指導に感服です。

>次男は、小学校時に将棋道場に通い詰めていたけど、私も全くできません。

>勉強になります。^^
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR