FC2ブログ

残して逝くこと--映画「海洋天堂」 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

梅田ガーデンシネマで見てきました。

ロードショーではなくて、小さな映画館です。
話題の映画、社会派の映画をよく上映していることで有名な映画館です。
12:05の回は、満席でした。

地味ですが、美しい映像の映画でした。


ストーリーは、「自閉症で知的障害のある一人息子を置いて父親は死期が迫っている。」というものですから、私にとっては、一番痛いところです。
避けることができない運命と向き合うストーリーです。


感情表現が不得意な自閉症者ですが、感情が無いわけではなくて、寂しさ、苦しさ、恋しさを持っているし、だれかと気持ちを通わせたいと思っているし、チャンスと工夫と経験を重ねさせてやれば、なにかしら仕事につながるし、だれかの役に立てるのだと映画は表現しているように思いました。

まったくそのとおりで、我が意を得たりと思ってうれしかったり、苦しかったりしました。

父が息子にモップのかけ方を教える場面で、息子が要領を飲み込めなくて、父は怒鳴ってしまって、息子は悲しくて、父も悲しくて、いとおしくて、不憫で。。。。という場面は、自閉症、知的障害のある子をもつ親なら何度も経験している場面でした。

映画ではなくて自分の中の感情、場面としてスクリーンを見ていた人が多いのではないかと思います。


自分で決めることができるなら。。。次男を残して逝くのは25年後。。。と決めています。


それまでは、ジェット・リーが演じた父のように、息子をいとおしく想っていたいです。
子をいとおしく想い続けることは、すべての親にたやすくできることではないと思います。

どうしても、子に障害があることを受け入れられない親もいるわけですから。

子をいとおしく思うことは、体力、気力が必要だと思います。
私にそれを与えたまえ。
私の寿命が尽きるまで、子をいとおしく思う気力を与えたまえ。。と祈らずにはいられません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:残して逝くこと--映画「海洋天堂」(07/18)

子供を産むとは、ずっと母であること。

でも、それ以上に、自ら自立できない我が子との寄り添い方をどう変化させるかを、距離の取り方を考えさせられました。

愛とは、永遠ですね。^^

Re[1]:残して逝くこと--映画「海洋天堂」(07/18)

milkyway.さん

子から親への愛は永遠かもしれませんが、親から子への愛は条件しだい。。。。という親もいるでしょう。
大福の母もそうであったようですし。。。。。

産んだ限りは親であることをまっとうしたいものです。



>子供を産むとは、ずっと母であること。

>でも、それ以上に、自ら自立できない我が子との寄り添い方をどう変化させるかを、距離の取り方を考えさせられました。

>愛とは、永遠ですね。^^
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR