FC2ブログ

声、かけただけぇ~ 「障害児・者の兄弟、姉妹(145)」

昨日、自宅のマンションのメールボックスを点検して、夕刊とハガキを取り出して、1階の廊下を歩いていたら、「おい、おい」と私を呼び止める声が。。。。


振り向いたら、長男だった。


長男に、「カードの明細がハガキできたよ。シールのように開くタイプだけど。以前は封書だったよね。」と言うと、


「俺んちは、はじめからそのタイプだよ。」とのこと。


「あら、そ。」


すでに、生活費の明細を綴っているファイルは、どこかのケースに入れてしまったので、この1ヶ月は、レシートや明細書を保管しておかねばなりません。

無駄使いはしていないつもりですが、お金がいつも足りません。
きゅうきゅうとして生活しています。
アルバイトで生活費を補填しています。


でも、ケーブルTVもWOWOWも見るし、次男を絵の教室に通わせるのです。


長男からも次男からも下宿代をとらない代わりに独立してほしいのです。


親は先に死にますから、私が生きている間に独立してほしいのです。


長男に、「夕飯食ってく?」と声をかけたら、「いや、いい。」と返事したので、「じゃ、なんで声をかけた?」問うと、「声、かけただけぇ~」と言って帰って行きました。


なんなんだ?????



長男よ。今は、次男より長男のことが心配なんだよ。




海洋天堂という映画が話題になっています。
アクションスターのジェット・リーが、アクションスターとしてではなくて、平凡な死期が近い父親を演じています。彼には。自閉症の一人息子がいます。

もう、ストーリーが見えてきますでしょう。


道は、二つにひとつです。
共に死ぬか。
親亡き後も息子がなんとか生活できるように、できれば幸せに生きていけるように段取りをつけるか。


予告編を見るだけで、泣けてきます。
我が身に近すぎて泣けてきます。


私は、癌を持っているわけではないけれど、「癌適齢期」です。

毎日、毎日、「焦りの虫」を爪でつぶしながら暮らしています。
どうか、間に合いますように。。。。。。そう思っています。


次男が2歳のときに覚悟を決めてからずっと、そう思っています。


長男も次男も親が死んでも快適に暮らしてほしいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:声、かけただけぇ~(06/30)

次男も、たまに目の間に黙って突っ立っていることがあります。

後で思うと、何か用があったみたいで。。。
でも、なかなか甘えたり、自分から切り出すのが下手な性分です。^^

Re[1]:声、かけただけぇ~(06/30)

milkyway.さん


長男は、自分の気持ちを出せないのが、習性になってしまっています。
親の許容量が小さいからだと思います。(-_-;)





>次男も、たまに目の間に黙って突っ立っていることがあります。

>後で思うと、何か用があったみたいで。。。
>でも、なかなか甘えたり、自分から切り出すのが下手な性分です。^^
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR