FC2ブログ

京都-建仁寺-金澤翔子書品展-見てきました。 「障害児の親として(10946)」

京都-建仁寺-金澤翔子書品展


今日が最終日です。
夏のような暑い日でした。
本当に行ってよかったです。

玄関で、拝観料を支払いました。
[CAMERA OK] と書いてある札があったので、思わず「え!?いいの?」と声に出しました。
職員さんが、聞きつけて、「いいですよ。すべてOKです。」とおしえてくれました。
ビックリ!

珍しいことですよね。

書家の金澤翔子さん本人とお母様がおられました。
お母様に、撮影した写真をお見せして、「ブログに載せてよいでしょうか。」とお訊ねしたら、「いいですよ。」とおっしゃってくださったので、見てください。

もちろん、問題があれば、お知らせください。
すぐに削除いたします。


ご連絡は、表紙の左側爛「メール」--「メッセージを送る」からお願いいたします。



建仁寺


























たいへんに盛況でした。
土曜日なので、家族連れもたくさんおられました。
幼児、乳児を連れたお父さん、お母さんがたくさんおられました。


翔子さんと記念撮影をしてもらっていました。
翔子さんが赤ちゃんをだっこすると赤ちゃんがニコニコしました。
翔子さんもニコニコしました。


この小さい可愛い人の中に、とんでもないエネルギーがあるのです。
息をするのを忘れて、作品に見とれていました。


ありがとうございました。
見に行けてよかったです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

癒されます

お写真堪能させて頂きましたm(_ _)m
私は紹介ばかりでまだ書展を見に行ったことはありません。
でも今年11月には高松の方で書展が開かれるということで
岡山からも近いことから今からとても楽しみにしています。

私の姉が去年建仁寺展を見に行ったのですが、
感動して涙が止まらなくなったそうです。
今年も行ったよと連絡があったのですが、上手いとか力強いとか
だけではなくてとても癒されるのが不思議だと言ってました。

お写真を見てもなんか雰囲気が伝わってきます。
実物はとても素晴らしいのでしょうね。
素敵なお2人の写真、ベストショットです!
おもわず感心してしまいました(^^)

Re:癒されます(05/14)

派遣のヒロさん

いつも素敵な情報をありがとうございます。
建仁寺は、本当に格式高いお寺なのですが、とても明るくて、素敵なお寺でした。
中庭からの光が明るく廊下や書院を照らしていました。
私は、陰々滅滅としたお寺がキライです。建仁寺は、気持ちよく時間を過ごすことができました。

翔子さんが、本当に、小さい、小さい人でした。ふんわりと花が咲いているような人でした。

良い体験ができました。ありがとうございました。
m(__)m




>お写真堪能させて頂きましたm(_ _)m
>私は紹介ばかりでまだ書展を見に行ったことはありません。
>でも今年11月には高松の方で書展が開かれるということで
>岡山からも近いことから今からとても楽しみにしています。

>私の姉が去年建仁寺展を見に行ったのですが、
>感動して涙が止まらなくなったそうです。
>今年も行ったよと連絡があったのですが、上手いとか力強いとか
>だけではなくてとても癒されるのが不思議だと言ってました。

>お写真を見てもなんか雰囲気が伝わってきます。
>実物はとても素晴らしいのでしょうね。
>素敵なお2人の写真、ベストショットです!
>おもわず感心してしまいました(^^)
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR