FC2ブログ

クリンもだん美術教室-デイサービス-クリスマス会 2010 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

6:00からクリスマス会がありました。
クリンもだん美術教室、デイサービスを利用されている本人、家族が参加しました。

次男達は、クリスマス会までの間、ひと口おにぎりをたくさん作って、それでも余った時間はウトウト居眠りして潰しました。

ユカさんママは郷土料理の「芋煮」をご馳走してくださいました。
カジくんママは、助手として大活躍。
私は、サトイモの皮を剥かせていただきました。\(-o-)/







-----------------------------------

40人以上の人達が集まってクリスマス会が始まりました。
自閉症の人達には、「6時に始まるよ。」と言って、待つ時間の期限を設定して待ってもらって、実際は、6時より少し早くパーティーが始まったので、キレる人はいなかったようです。
よかったです。(~_~;)

キレると本人のイヤな気分だし、周囲もイヤな気分になってしまうし、他傷傾向があれば尚更被害が大きいです。
何時まで待てばよいのだ。。。とハッキリ期限を示してやれると、解決されることは多いです。















---------------------------------------
出し物はカラオケ。
大澤先生が出席者に歌いたい曲名を聴きとってくださって、CDをレンタルしてくださっていました。

自動車ショー歌(小林 旭)、世界にひとつだけの花(スマップ)、戦隊もの主題歌、カントリーロード(ジブリ映画、「耳をすませば」より)リコ-ダー演奏と続きました。

次男はひとりで歌いたかったのか、大胆にも大澤先生にリクエストしてもう一度、ひとりで、「世界にひとつだけの花」を歌っていました。
確かに、ひとりだけで歌った方が、嬉しそうでした。











去年のクリスマス会はボランティアさんが大活躍しておられました。
式次第、出演者の氏名を大きな紙に書き出して貼りだしてあったりしました。
それを見て、次男が歌を歌うことになっていた事を直前に知って私は焦りました。

カラオケ屋さんであれば、モニターに歌詞が映し出されているので、次男は歌えるだろうけれど、クリスマス会ではそれがないので、次男は、歌詞が口から出てこなくて、ただ、身体を左右に揺らしてリズムをとるだけで終わってしまいました。

他にも、全く歌えない女性の受講生が歌を披露することになっていて、受講生のお父さんが慌てて出演者、演目を大書した紙を取り下げることをお願いされている場面もありました。

去年のクリスマス会は、ボランティアさん達が楽しんで活動してくださっているのがとてもよく感じられたのですが、ひとこと、「○○さん、歌ってもらって良いですか?」と保護者に訊いてくれたらスムースに事が運んだのに。。。。と思ったクリスマス会でした。


クリンもだん美術教室-デイサービス-クリスマス会2009
クリンもだん美術教室-デイサービス-クリスマス会2009その2


今年は、ボランティアさんの参加が少なくて、大澤先生がお一人でいろいろな準備に駈けまわっておられるようでした。

ボランティアさん達は、それぞれバラバラに、パーティが始まってから駈けつけられた様子でした。
仕事や学校で忙しい様子が感じられました。



今回は、大澤先生が、何気なく、「次男くん、「世界で一つだけの花」を歌うことになっていますよ。」と言ってくださったので、事務室のPCから歌詞をプリントアウトさせてもらって次男に渡しておきました。

次男は、知っている歌でも、歌詞が文字になって見える状況にしてやらないと歌えないこと多いのです。
今年のクリスマス会では、次男はプリントアウトした歌詞を手にもって、きげんよく声を出して歌うことができました。
このあたりが、「視覚入力優先」の自閉症である次男の不思議なところです。


それぞれの障害には特徴があるので、必要とされる工夫がそれぞれに違います。
でも少しの工夫で、日常生活はスムースに運んでいくのだと思います。
それには難しい専門知識は必要ないです。
かんたんなことの繰り返しです。


これは、受講生がいただいたプレゼント。
可愛いい、クリスマスツリーです。



1年間、クリンもだん美術教室でお世話になりました。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR