FC2ブログ

お餅 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

盟友からお餅が届いた。
豆入り、海老入り、蓬入り、白餅、フライパンで焼いて、お醤油、お砂糖を付けて食べた。

いよいよ年末なのだ。。。と感じる。

今年は良い年になったと思う。
幸いにも、「今年は散々だった。。。」と思う年は一度もなかったけれど。


先が見えなくて苦しくて、重苦しい年は何年もあったけれど、どこかに希望があるように感じていたから持ち堪えることができたのだと思う。


離婚した年が苦しい年だったでしょう。。。。

とニタリという表情を押し隠して、”想いやって”くださって言ってくださる人もあるけれど、それは、分析があま~~~い。\(-o-)/


離婚した年は、達成感でイッパイだったのよ。

引っ越し作業中にニコニコし過ぎて、手伝いに来てくれたお兄さん、お姉さんから、「ママさん、顔、戻してください。顔!顔!」と言われながら荷物を運んだのよ。

 

”想いやって'”「かわいそうやなぁ。。ひとりやもんなぁ。。」と言ってくださる人に限って、たいした夫をもっていない。

DVの夫はうらやましくない。




今年はその年に並ぶくらいの良い年になった。

ありがとうございました。
たくさんの方々がご支援をくださったからです。
ありがとうございました。




長男が、「おはよう。。」と言いながら家のドアを開けて入ってくる。

「おはよう。」となんでもない様子で返す私。

長男と私の間には、まだ、まだ、ぎこちなさが残る。
残っているけれど、急速にそれをどうにかしたいとは思わない。
このぎこちなさを味わうことにしよう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今年はよかったか?

こういうのもしあわせかどうかと同じかも?
私は、病気になったのでさんざんでしたが
ゆっくり時間をもてて、いろいろなことができたのはよかったことかも・・・

なにを基準にして、よかったかどうか?
去年よりよかったら、よいことに
悪かったら悪いことに?

だけど、今年はよかったと思っていたら
らいねん飛躍的によかったら
今年はわるかったことに?

Re:お餅(12/15)

良い年、悪い年、本当に基準があるのでしょうか?
もし、基準があるのなら?受け止め方ではないでしょうか?
私など、ずーっと悪い年かもしれません。
幸福になりたい症候群(青い鳥症候群)になっていますから。

Re:今年はよかったか?(12/15)

アミティエのあみちゃんさん

考え込むこともないでしょう。


>こういうのもしあわせかどうかと同じかも?
>私は、病気になったのでさんざんでしたが
>ゆっくり時間をもてて、いろいろなことができたのはよかったことかも・・・

>なにを基準にして、よかったかどうか?
>去年よりよかったら、よいことに
>悪かったら悪いことに?

>だけど、今年はよかったと思っていたら
>らいねん飛躍的によかったら
>今年はわるかったことに?
-----

Re[1]:お餅(12/15)

hidemarinさん


青い鳥はどこにいるのでしょうか。
私も探しています。



>良い年、悪い年、本当に基準があるのでしょうか?
>もし、基準があるのなら?受け止め方ではないでしょうか?
>私など、ずーっと悪い年かもしれません。
>幸福になりたい症候群(青い鳥症候群)になっていますから。
-----

Re:お餅(12/15)

その時々で距離感は変わりますね。

やっぱり男の子は、難しいです。^^

Re[1]:お餅(12/15)

milkyway.さん

ビミョーです。(-_-;)


>その時々で距離感は変わりますね。

>やっぱり男の子は、難しいです。^^
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR