FC2ブログ

あなどれませんぞ 「障害児と生きる日常(58952)」

この2,3日、次男がPCで私の知らないサイトにアクセスしている。

可愛いサンリオのサイトで、ゲームがあるみたい。
歌も流れてたのしそう。

教育上によろしくないサイトではないし、アクセスするのはいいのですが、どうやってアクセスしているのかがわからない。
長男も次男もiMac を持たせたのだが結局私のWindows XPを使っている。

お気に入りの中に長男は自分のフォルダーを作っている。
(でも本当に見たいサイトは自分のiMacでみてるだろな。あるいは私の寝た後に見て履歴を消しているかな。長男のiMac にはどんな画像が保存されていることやら。見たくないわぁ。)

次男には私が「勉強用」「ゲーム用」などのサイトをお気に入りに入れている。
次男は自分でPCを立ち上げて好きなときに遊んでいるし、ログオフもする。

でも、この2,3日次男が遊んでいるサイトを私は”お気に入り”に入れてやった覚えがない。
長男に訊いてみると、長男でもない。
お気に入りを調べてみるが、それらしきものはない。

う~~ん。
次男君はどこかでその可愛いサイトを教えてもらったのだろうけれど、どうやってアクセスしているんだぁ????

yahooで検索したのかぁ????
まさかねぇ????
「次男君、どうやってだしたの?」と訊いてみても、次男はシランプリ。
あらぁ~~~~

次男君、お母さん、知りたいわぁ。
コレハ、アナドレマセンゾ。


いつか、つきとめたい。
そぉ~~と次男がPCを立ち上げて、そのサイトにどうやってアクセスするのかを見たい。

yahooで探索してたって、それが自閉症でもアスペルガーくらいだったら当たり前にできることだけれど、次男は違う。
知的障害があって、表出言語はほんのわずかで、それは2歳児にも劣る。
だから言語性IQは測定不可能。
そんな次男がケッコウな作業をこなしていくからみんなビックリする。
デイサービスでも買い物、調理、あとかたづけ、食器洗い、すべて率先してするそうだ。
職場では長時間集中してPCワーク、コピーとり、シュレッダーかけをしているようだ。


言語性IQと生活能力、作業力は比例しないとわかっていても次男ほどそのギャップが大きい人は珍しいと思う。
しゃべれないから、何も出来ないわけではない。
道が拓かれないわけではない。
いつか、私と別の所帯にさせたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そうそう

うちのりきくんも パソコンクラブの副委員長だって。(笑)りきも ネット楽しんでます。主に動物園にアクセスしてますね。けど、いろんな自治体の図書館にアクセスして 郷土の歴史とか見てます。それと、将棋?
谷川の棋譜をいま 暗記してます。ここが、自閉のそら恐ろしいとこ(変な意味じゃないけど)で 何千通りというパターンを全部暗記する勢い。ほんと 彼らの頭の構造はどうなっているんでしょうと 思う。

Re:あなどれませんぞ(06/12)

時々、ビックリさせられますよね。不思議なヤツです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR