FC2ブログ

女ってメンドクサイ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

先週の土曜日に定期健診に行ったら、予想していた範囲のなかであったけれど、子宮が2倍のサイズになっていた。

ああ、やっぱりね。

女ってメンドクサイ。

すでに何年も前に、卵巣ひとつが破裂してしまって摘出している。
のう腫もあって、それも摘出して、子宮も摘出しようか。。。。となったが、14日の入院が私達としてはギリギリの長さで、子宮を残して退院した。

あと、少し無事にやり過ごすことができたら、自然に閉経して子宮も卵巣も枯れてくれる予定。


術後が辛かったので、自然に解決してくれるのが一番ありがたい。


女って、メンドクサイ。



先日、青年の告別式に、何年も前に私を激怒させた女性の顔があった。
ともに独身で障害者の母親であった。


快活な人であった。
なれなれしい人であった。

私が女性の友達も男性の友達もいると知ると、合コンを設定してほしいと言ってきた。
「なにも要らないから、おいしいお酒と食事をご馳走してくれたらいいから。」と言うので、”え?!おごってもらうつもりなのか!?”と驚いた。

「私、生理が不順になってきて、そろそろ上がると思うから、その前に一発やっておきたいから。。。。」と続けたので、私は激怒した。

「本音を言ったのに、心が傷ついたわ。」というので、「その傷に塩をもみ込みたい。」と言い返した。


この後、二度と顔を会わせたくないと思っていた。
一度だけ、レストラン披露宴で顔を合わせて、お互いに知らん顔をした。
先日の告別式でもお互いに知らん顔をした。


女ってメンドクサイ。

「女は子宮でものを考える」という言葉を聞いたことがあるが、女には脳ミソがないと言っているように聞こえて、不愉快に感じる。

子を想う時、プライドも理屈も義理も吹っ飛んでしまうことがあると思う。
そういうことを、「子宮で考える」と言うのかもしれないが。。。
それだけなら、それも必要だと思うのだが。


二度と見たくないと思っていた彼女の顔を見る機会があって、検診では想定の範囲であったが、女性特有の臓器が不調であり、女ってメンドクサイ。。。と感じている。



それでも、なんでも、子を授かったことは、幸運であった。
優秀な子はそれなりに幸福になってほしい。
優秀でない子もそれなりに幸福になってほしい。

そうなるように支援するのが親の仕事。
子に障害があれば、支援の期間が長くなって、エネルギーはたくさん必要だけれど、全うしたい。

白文字部分についてのコメントは、表紙の「メール」ーーー「メッセージを送る」からにしてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:女ってメンドクサイ(11/26)

ほんとうに、目に見えない部分だけに厄介ですね。

うまく切り抜けたいものです。^^

Re[1]:女ってメンドクサイ(11/26)

milkyway.さん

そろそろ付き合いをやめたいのが本当のところです。

ヤレヤレ(;一_一)


>ほんとうに、目に見えない部分だけに厄介ですね。

>うまく切り抜けたいものです。^^
-----

Re:女ってメンドクサイ(11/26)

おっしゃってたのは、このことだったのですね。一般的な年数でいったら、おっしゃってたようにあと2年程度ですが、個人差がありますものね。無理なさらないようにしてください。働き続け、元気であり続け、母であり続けることを、求めている人がいるのですから。
そろそろ、休養が必要だ、というサインかもしれません。
体が変わる年代。思わぬ変化があることを覚悟して、粛々と(政治家みたいですが、これが本当の使い方だと)対応せねば。
引っ越しのことをお気遣いいただきましたが、私こそ、必要があればお手伝いにまいりますから(近くですし)、何でもおっしゃってください。男の子には頼みにくいこともあるでしょうし。

ご子息に手伝っていただくのは、新しい店ができたときにしたいものです。いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。本当にありがたいです。

Re[1]:女ってメンドクサイ(11/26)

ske3888芭沙羅さん

ボチボチいきますわ。(~_~;)


>おっしゃってたのは、このことだったのですね。一般的な年数でいったら、おっしゃってたようにあと2年程度ですが、個人差がありますものね。無理なさらないようにしてください。働き続け、元気であり続け、母であり続けることを、求めている人がいるのですから。
>そろそろ、休養が必要だ、というサインかもしれません。
>体が変わる年代。思わぬ変化があることを覚悟して、粛々と(政治家みたいですが、これが本当の使い方だと)対応せねば。
>引っ越しのことをお気遣いいただきましたが、私こそ、必要があればお手伝いにまいりますから(近くですし)、何でもおっしゃってください。男の子には頼みにくいこともあるでしょうし。

>ご子息に手伝っていただくのは、新しい店ができたときにしたいものです。いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。本当にありがたいです。
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR